Kラノベブックス<br> 実は俺、最強でした?

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

Kラノベブックス
実は俺、最強でした?

  • ISBN:9784065161739

ファイル: /

内容説明

ヒキニートがある日突然、異世界の王子様に転生した――と思ったら、直後に最弱認定され命がピンチに!?捨てられた先で襲い来る巨大獣。しかし使える魔法はひとつだけ。開始数日でのデッドエンドを回避すべく、その魔法をあーだこーだ試していたら……なぜだか巨大獣が美少女になって俺の従者になっちゃったよ?不幸が押し寄せれば幸運も『よっ、久しぶり』って感じで寄ってくるもので、すったもんだの末に貴族の養子ポジションをゲットする。とにかく唯一使える魔法が万能すぎて、理想の引きこもりライフを目指す、のだが……!?先行コミカライズも絶好調! 成り上がりストーリー!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しまふくろう

15
表紙が可愛くて購入。挿絵も良かった。 物語は凄い能力を持って転生した筈なのにしょぼい才能しかなかった主人公が、実は、という話。結界魔法を色々と応用させるのが面白い。元の世界のネットに繋がる現象の理屈は解明されるんだろうか。 主人公というより、この国がどういう結末を迎えるのかちょっと気になる。2019/10/11

こも 零細企業営業

5
赤ん坊の頃から最強で魔王軍の幹部を力で屈伏させたが、乳児のため餓死の危機wそれを優しい公爵様に助けて貰って魔王軍幹部共々養ってくれて、その家族に情が湧いて来て様々な危機を乗り越えるが・・格好がwwwww これは面白い。2019/07/12

もここ

2
ニート→駄女神による転生→チート。転生先の実父母は屑だけど、拾ってくれた伯爵のおっさん一家がいい感じ。主人公に魅力は感じないけど、義家族は気になる。駄女神&努力なしのチートの時点であまり好きな部類ではないけど、もうちょっと読んでみようかなーと思う程度に脇役達を気に入ってる。2019/11/03

きのと

1
登録漏れ2021/05/02

bnbr

0
テンプル俺TUEEEEEかと思ったけど面白かった!イラストはビミョーだった!妹だけ可愛い絵だった!2021/07/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13796494

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。