小学館文庫キャラブン!<br> なぞとき遺跡発掘部 ~弥生人はどう眠りますか?~

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader

小学館文庫キャラブン!
なぞとき遺跡発掘部 ~弥生人はどう眠りますか?~

  • ISBN:9784094066203

ファイル: /

内容説明

埋もれた謎を解く!発掘×ミステリー第3弾!

 年末年始、怒濤の連続アルバイトを終えて、久しぶりに実家での休みを満喫していた女子大生の灯里。同じ考古学研究室に所属する古賀先輩からの「まかない付き」という言葉につられ、休み明け早々、発掘現場の手伝いをすることに。
 まったく人手が足りないという現場に向かった灯里は、現場近くの電柱にくくりつけられている奇妙な貼り紙を目にする。そこには『調査を止めろ! 呪われるぞ!』と書かれてあった。どうやらこれが人手不足の原因らしい。アルバイトの作業員たちから、近所の家々の郵便受けにも同じ内容のチラシが入れられていて、事実、この現場では、昔、死者が出たのだと聞いた灯里。不思議なことに、図書館にあるはずの発掘資料も一部がなくなっていた。呪いの噂が立つ現場で、灯里たちの発掘作業は続けられるが――?
 福岡県あさくら市を舞台に、極貧生活をタフに乗り切る灯里と、甘党で男前な古賀先輩が、発掘現場に隠された厄介な謎を解き明かす! 遺跡発掘×ミステリー、第3弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

54
灯里の家庭の事情が判明。それにしても灯里、働きすぎなのでは……? 古賀先輩とは相変わらずの色気のないじゃれっぷり、恋愛に発展しそうもありませんな。灯里、髪伸びた?2019/04/08

ponpon

42
シリーズ第3巻。福岡県にあるという筑紫州大学の考古学研究室が舞台のアカデミックコメディー。本巻はシリーズ初の長編で、新年早々に召集された発掘現場には呪いの伝説が…。のりの軽い会話が続きますが、描かれている内容は、とても重いもの。まず、灯里ファミリーの家庭事情。彼女のキャラは家族が家族であるために演じているものなのか。そして呪いの真相が、輪をかけて重い。真相が明かされ救われた家族に想いが馳せるとともに、犯人の特段悔やんでない姿は怖い。一気に物語が複雑さを増してきたようですが、続刊は刊行されるのかな?2020/10/06

二分五厘

25
ある一月の半月ほどの事件。初長編。お正月早々、古賀先輩の"賄いつき"に誘われて連れ出された発掘現場は"呪われていた"のです。奇妙な貼り紙に紛失する資料、あろうことか日比野に指図される羽目に加え、よそよそしい作業員。実際以前の調査では死者もでていた。軽い文体と会話の中に見え隠れするよどんだ悪意。二十五年ぶりに判明する犯人が心底気味悪い。その犯人に一矢報いる灯里。冒頭とエピローグの『家族』との会話は背中合わせに。あのキャラ(貧困図々しい系後輩)は、あえて作ったものなのかな。2020/02/18

ネムコ

25
今回は、灯里の才気ばしったところがあまり見られず、運が良いだけの子になってて残念。「す」を多用するしゃべり方は、アイデンティティーかもしれないが、さすがに耳障りになってきたので自粛してほしい。2019/04/12

あなほりふくろう

21
発掘の現場でやれるネタはそろそろやりつくしたか、考古学とはちょっとちがうところで事件の起こった第3巻。面白くはあったけど「ちょっとしたエピソード」の類で、今後この話が何かに繋がるかというと、なんとも。今後なんかあるかといえば灯里の家庭事情と志村遥ちゃんだけど、こっちをつつくと発掘部としては脱線するしなあ。今後どう進むか、シリーズ存続へのタイトロープはまだまだ続く。2019/05/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13590807

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。