バーズコミックス<br> 空電ノイズの姫君 (3) 【電子限定おまけ付き】

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

バーズコミックス
空電ノイズの姫君 (3) 【電子限定おまけ付き】

  • 著者名:冬目景【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 幻冬舎コミックス(2019/01発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784344843707

ファイル: /

内容説明

ミュージシャンの父と二人暮らしで抜群のギターテクを持つ女子高生・磨音と天性の歌声を持つ美少女転校生・夜祈子。ある日、磨音はプロをめざしギターを探している大学生・高瀬と日野と出会い、彼らのバンド「アルタゴ」に加入。新生「アルタゴ」のライブに向け、練習に励む磨音たちは……!?電子限定おまけ付き!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐうぐう

21
漫画が音楽を奏でることはない。漫画家は、それぞれの工夫で、そのないことをあるように見せる。『空電ノイズの姫君』で冬目景は、キャラクターの個性をしっかりと描き込むことで、そこから音楽が聞こえてくるかのようなテクニックを用い、ないはずの音楽を奏でるのだ。物語はまだまだこれからというところで掲載誌の休刊により、連載先が変更される事態となったのは残念だ。冬目景にとっても、『羊のうた』からの付き合いだった「コミックバーズ」がなくなることは、寂しいに違いない。2019/01/27

ソラ

13
不自然な薄さにまさかの連載終了かと思ったけれど(実際幻冬舎では終了だけど)講談社で続くなら一安心。2019/01/26

まるま

11
面白かったです。バンドは復活するのか楽しみ。本の紙が厚手で滑らかで印刷の絵がとてもきれいでした。紙の本へのこだわりを感じました。2019/01/28

11
早い段階で終了が決まっていたのか、話は停滞気味。移籍先はイブニングだが、起爆剤になるだろうかというか、ちゃんと行き着くところに辿り着けるのだろうか。紙が特殊で墨の色合いが鮮やか。2019/01/27

毎日が日曜日

11
★★★★ 終わってしまって残念。でもイブニングで連載が始まって良かった。2019/01/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13426747

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。