文春文庫<br> リップヴァンウィンクルの花嫁

個数:1
紙書籍版価格
¥748
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
リップヴァンウィンクルの花嫁

  • 著者名:岩井俊二【著】
  • 価格 ¥743(本体¥676)
  • 文藝春秋(2018/10発売)
  • 春うらら!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~4/14)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167911577

ファイル: /

内容説明

「この世界はさ、本当は幸せだらけなんだよ」
秘密を抱えながらも愛情を抱きあう女性二人の関係を描き、黒木華、Cocco主演で映画化された、岩井美学が凝縮された渾身の一作。

皆川七海は、仕事をクビになり、SNSで手に入れた結婚も浮気の濡れ衣を着せられた。
行き場をなくした七海は、月に百万円稼げるというメイドのバイトを引き受ける。
主のいない屋敷にいたのは、破天荒で自由なもう一人のメイド、里中真白。
ある日、真白はウェディングドレスを着たいと言い出すが……。
現代の嘘と希望と愛の物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふじさん

90
皆川七海は、大学卒業後中学校の臨時教員となるが首になり、SNSで知り合った男性と結婚するが浮気の濡れ衣を着せられ、離婚。行き場を失った七海は、知り合いの紹介で月100万円を稼げるメイドのバイトをすることになる。そこで、AV女優の真白と出会う。だが、彼女は末期癌であっさり亡くなる。波瀾の富んだ怒涛の人生、辿り着いたのは何か今まで見たことのない少し心を癒される優しい世界。脚本家が書いた作品だけに展開が速く、テレビドラマを見ているような感覚の作品。 2021/09/28

エドワード

32
「人生は奇想天外なものですよ」「奇想天外過ぎても困ります」教師を志望する七海の体験する奇想天外な人生。派遣教員として暮らし、SNSで出会った鉄也に求婚される。両親の離婚を言い出せない七海は、謎の男・安室が仕掛ける「なりすまし屋」で結婚式を乗り切るが…。次々と展開する予想できない大波に翻弄される七海、それでもどっこい生きている彼女が健気だ。落ち込まず、高望みせず、女優の真白と過ごす夢のような日々、そして最後は元の派遣教員へ戻っていく。リップ・ヴァンウィンクルは、浦島太郎のようなおとぎ話の主人公。誰がリップ?2018/10/12

こゆび

13
小さな画面の中に広がる世界の中で、私たちは簡単に誰かと繋がれる。簡単に自分を偽れる。いつのまに世界はこんなに便利に、嘘偽りだらけになったんだろう。嘘は、世界は、人は、脆い。だけど価値がないわけじゃないだろう。そこに愛が生まれることも、真実が育つこともある。嘘が増えた分だけ、幸せの在処も、その在り方も増えてるんだって私はこの世界で思ってる。2020/02/21

たなかか

7
この人の話は とても奇想だけどリアリティがある気がする。不思議ななんでも屋安室の手で奇想天外に殺されそうになる七海。人との関わり合いは面白いね。結婚式の代理出席のバイトにはかなり興味2020/01/03

いくえ

7
映画が大好きで読んでみたら、映画そのもの、雰囲気もそのままだった。ということは、映画がこの原作を忠実に作り上げたということ。そりゃあ3時間の超大作になるわと納得。多分カットされたシーンはない、はず。 やっぱり、真白がこの世は優しすぎると泣くシーンが一番心にくる。全ての人が優しく見えて、感謝したくなる。なかなかに奇想天外な出来事が立て続けに起こるけど、一番印象に残るのがこのシーンというのは、すごいと思う。岩井さんの作品ほかにも読んでみようと思う。2019/05/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13091841
  • ご注意事項