HJ文庫<br> 魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。

個数:1
紙書籍版価格 ¥680
  • Kinoppy
  • Reader

HJ文庫
魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。

  • ISBN:9784798617077

ファイル: /

内容説明

かつて魔王を倒した勇者イザヤは、魔王から受け継いでしまった膨大な魔力を隠しひとり暮らしていた。ある日、錬金術師の少女ヨーメリア(ヨメ)を助けたイザヤは、膨大な魔力に気づいたヨメに同居をせがまれる。魔力の少ないヨメにイザヤの魔力を分けて欲しいというのだが、魔力を渡す唯一の方法はスキンシップを繰り返すというもので……!?「じゃ、手握るぞ」「あ、もう、イザヤさんっていつも突然なんですから」照れ臭く、恥ずかしく、でも嬉しい日々が始まり――。いちゃラブが強くする、ふたりのスイート錬金生活!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まっさん

24
★★★ 面白かった!最近こういう緩めな作品を読むことが多いけどその中でも割と満足度は高め!メインヒロインのヨメでもメインヒロインのライバル枠のマリーでもなくサブキャラのエリカに惹かれるワイ…笑一つ残念なことが若干挿し絵のクオリティが低いかな…まあスローライフ物やしこれくらいがちょうどいいのかもしれんけど…笑2018/11/04

わたー

15
【試し読み】★☆☆☆☆魔王を倒した代償に強大な魔力を手にし、国を終われた主人公が、隠遁生活の先に世話焼きな錬金術師の少女と同棲するという話。凄く残念な作品だった。展開が唐突すぎて話に入り込めないでいるなかにイチャイチャが挿入されるので、どんな顔をして読めばいいのかわからない。タイトルの「ヨメ」がヒロインのあだ名なのはかえって斬新なのかもしれないが、求めているのはソレじゃない感が強い。2018/05/25

真白優樹

9
魔王を討伐するもその力を受け継いでしまい隠遁した少年が、錬金術師の少女を助け世界が広がる物語。―――孤高では掴めぬもの、2人だから見えるもの。大切な力、そして大切な絆。それを持ちえずどこか歪で寂しげな2人。そんな2人が出会い、共に生活する事で世界が広がっていくこの物語。ゆるくて甘々、だけど爽やか。そんな甘い日常が一種の爽快さを感じさせ、2人で初めてを積み重ねる事で変わっていく二人の心情が可愛らしく、相好を崩させて来る物語である。某キレイなセカイが好きな方にはお勧めできるかもしれない。 次巻も楽しみである。2018/06/03

ファーラス

7
俺妹漢字読のかじいたかし先生の最新作。1巻打ち切りとなった前作のモンハン×劣等生よりは面白く、デビュー作で持ち味としてあった諧謔的な表現も少しは復活している。が、いかんせん薄すぎる。主人公がギンくんのようなエキセントリックではなく感情の起伏が乏しい最強少年で、かつ三人称視点。北方謙三並みに淡泊な筆致が、物語というよりプロット集のようなチープさに繋がってしまっている。お約束全消化だが本当に薄味の、消費財的な文芸。俺妹漢字読のような、本棚に残り続ける作品が読みたい(かじい先生も書きたいのはやまやまだろうが…)2018/12/15

くもり

6
本当に軽くてサクッと読める感じだった。自分の中で最短ではないという早さで1冊読み終えたので逆に動揺もしてる。中だるみもせずにイチャイチャを堪能できたし、にぎやかで楽しかった。主人公のぷちあにさんへの熱意が良かったな。タイトルはなるほどその通り。2018/06/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12892170

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。