コルク<br> スティーブズ 6

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • Kinoppy

コルク
スティーブズ 6

  • ISBN:9784091894427

ファイル: /

内容説明

IT革命史の決定版!
Mac、iPod、iPhone、iPad…世界を変え、世界を創った企業・アップルコンピュータ。その中心にいたスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックは、30年前、まだ無名だった。向かうところ敵だらけの70年代シリコンバレーを舞台とした、二人の革命に浸れ、そして熱狂せよ!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

akira

11
スティーブズ第6弾。ついに最終巻。解説もふくめていい感じだった。できればiPhone発表くらいまで続編が読みたいなぁ。ものを作り始めた今、この言葉は静かにささる。「10秒縮めるってのは、そういうことなのさ」2017/01/20

amatsu amaguri@フィリピン

5
6巻で終了してしまった。マッキントッシュ発売した後、スティーブが一度アップルを離れるまでのストーリーでした。 スティーブが復活してからのストーリーも見たかったなぁ!2017/01/01

ツキノ

5
最終巻。スティーブとビル・ゲイツの一対一の会話(というより対決)がすごい。もうちょっと読ませて、というところで終了。コラムがよかった。2016/12/29

もりうどん

3
スティーブ・ジョブズが亡くなる日まで彼の名前を知らなかった。そんな世の中に疎い自分でも、今の人類が彼によってどれだけ形作られたかはわかる。そして、同じくらいに今の世界の基盤を作っているビル・ゲイツ。マイクロソフトがビジネスモンスターだとはわかってたけど、それが彼の圧倒的な先見性と胆力によって成り立っていることがわかった。そして、彼らを取り巻くたくさんの個性豊かな人びと。人間の世界は人間によって作られているんだと実感した。遥かな未来を描く力、世界を巻き込む力、破壊的な実行力、それらで突き進むのみだなあ。2019/09/10

じらーるぺるご

3
ジョブスが退任してアップルが低迷期にはいります。 ビルゲイツがウィンドウズを発表します。 アップルが低迷期の時にマックを初めて購入した私は 懐かしく、そしてあの時代を思い出すので なんだか楽しく読めます。 ビルゲイツもジョブスもお互いがパートナーを失うというのも なんだかドラマチック。 ジョブスがトイストーリーをヒットさせて マックに舞い戻るところで終わりました 次がまた楽しみです。 熱い漫画だ。と思ったら完結?残念。2017/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11255654

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数6件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす