角川ビーンズ文庫<br> 砂はマのつく途の先!

個数:1
紙書籍版価格 ¥502
  • Kinoppy
  • Reader

角川ビーンズ文庫
砂はマのつく途の先!

  • ISBN:9784044452186

ファイル: /

内容説明

禁忌の箱のひとつ「凍土の劫火」があるという聖砂国で、ピンチに見舞われ、途方に暮れているおれ・渋谷有利(ユーリ)の職業は魔王。一筋縄ではいかない同行者・小シマロン王サラレギーを牽制しつつ、頼れる仲間たちと合流したおれは、砂の途の先に現れたオアシスに辿りつく。
一方、おれの安否を気遣う友人の村田やうちの兄貴も、何だか大変なことになってきて……!?

TVアニメ化された、元祖・異世界トリップ・ファンタジーの傑作シリーズ、“聖砂国編”第6弾!!

※「今日からマのつく自由業! 」「今度はマのつく最終兵器! 」は、「今日から(マ)王! 魔王誕生編」(角川文庫)に、
「今夜はマのつく大脱走! 」「明日はマのつく風が吹く! 」は、「今日から(マ)王! 魔王彷徨編」(角川文庫)に
「閣下とまるマのつくトサ日記!? (外伝第1弾)」「息子はまるマのつく自由業!? (外伝第3弾)」は、「今日から(マ)王! 地球過去編」(角川文庫)に、
「きっとマのつく陽が昇る! 」「いつかマのつく夕暮れに! 」は、「今日から(マ)王! カロリア編」(角川文庫)に、
「天にマのつく雪が舞う! 」「地にはマのつく星が降る! 」は、「今日から(マ)王!カロリア編 II」(角川文庫)に各々収録されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

13
大切な人がいなくなったことを受け入れるのは辛く、一瞬でもいいから希望を持ちたい。しかし、その望みもいつかは失われる時はやってくる。コンラートが有利に知らしめたことは酷なことでしたがその時が来てより、絶望に陥ることがある時を考えると責めることは難しいです。あの場面では「誰?」ではなくて「何だ?」と思ってしまうほど、怖気が走りました。そんな中でもギュンターさんのお守り袋の呪いっぷりに笑いました(笑)アーダルベルトとジュリアさんや今や、娘となった(←?)刈ポニとの出会いにほっこりしました。2011/03/25

咲穂

6
ヴォルフを傷つけてしまったユーリ。 無事に合流できたものの、近づくなと言われ… 前半ハラハラした… コンラッドがこの状態なのにヴォルフにまで問題が起きちゃうのかと…(なにかしらありそうな雰囲気もありますが…) とりあえずギュンをネタに出来るくらいだから当面は大丈夫かな? やっぱ保護者、コンラッドに対してヴォルフは(本人も言ってたけど)横に立つ存在ですね。 でもラストはまたぐさっときた… ムラケン〜そしてヨザック… 最近大人になってきちゃったけどまたわがままプーなヴォルフもみたいなぁ…2020/09/10

5
再読。村田猊下が健気。ヴォルフがめちゃんこオトコマエ。ようやっと少しずつ明るさの戻ってくる巻。ジュリアさんとマチョとコンラッドの関係が未だに謎だなぁ。ほっこりしました。  陛下はどんどん勁く、王になっていく。2011/07/26

ぬこっこ

3
【再読】14作目。やっと鬱展開が収束してきた。聖砂国編も次でやっと終わるらしい。それにしてもイェルシーには驚いた。サラはまたもや見下していた人に、欺かれた訳だ(笑 そして村田はようやく聖砂国に到着、と思ったらまさかのグリエちゃん!個人的には嬉しいけれど複雑。早く戻って来て欲しいなぁ。あと今回はマッチョが有利に妙にやさしい。ジュリアだと気づいた時からだっけ?しかも巻末の短編はそのマッチョの話。まさかの両想いだったww2010/06/17

雨ヨ@感想後まわし;

3
うっかり前巻までのあらすじを忘れちゃったゼ。しかし久しぶりのまるマシリーズだった…。うはあやっと目が治ったか。いったい何だったんだ。ジュリアさんの影響かなんか??あとヨザックをいったいどうするつもりなのかね。それと巻末の短編。何気に。マッチョとポニはナイスコンビだなぁ。そしてジュリアさんは天然にスケコマシじゃないか!!2010/06/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/546974

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。