コスミック時代文庫<br> 将軍を蹴った男 松平清武江戸改革記

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader

コスミック時代文庫
将軍を蹴った男 松平清武江戸改革記

  • 著者名:誉田龍一【著】
  • 価格 ¥715(本体¥650)
  • コスミック出版(2017/10発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784774713373

ファイル: /

内容説明

武士の棟梁・将軍位をめぐる継承争いは、武家政権の宿命とも言えたが、この最高の名誉を放棄した奇特な?人物もいた。三代家光の直系で六代家宣の実弟であり、七代家継の叔父にあたる男、上州館林藩主・松平清武であった。清武は次代将軍就任を懇願されながら、庶民の目線第一という姿勢を頑に貫き通し、長屋住まいを願い出たのである。そんな人柄と才を見抜いたのは、八代将軍となった吉宗であった。清武は、北町奉行の任に就いた大岡忠相とともに、強引に政の補佐役とされ、町中から世直しに尽力。制度の制定や小石川養生所の設立など、おなじみの改革を陰から推進する。享保の悪を斬る義の剣が、新しい世を築いてゆく──熱き殿さまの躍動を描く評判シリーズ、第二弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サケ太

7
これは非常に読みやすい時代小説。八代目江戸幕府将軍就任を蹴った、徳川家光直系にして、上州舘林藩藩主松平清武。庶民目線の生活に触れるため長屋住まいのこの男。八代目将軍吉宗の要望により相談役となり、大岡忠相とともに吉宗の治世を支える。連続する辻斬り。医療を受けられず苦しむ人々。金銭の訴状への対処。実際の改革、政策が何故行われたか、その結果どうなったかを物語として楽しむことが出来る。じじいが強い。この要素だけでも大好き。2017/06/12

たかさん

3
シリーズ第2弾。発売直後に購入したが、テンポがとても良くサクサクと読めた。松平清武という将軍を蹴った男が、将軍を支えていくのだが、吉宗の行った改革をうまくベースにして、話が面白く展開していく。どんどん、続けて欲しい。2017/06/12

がたぴん

0
奮闘記と合わせ、とても読みやすく面白かった。勉強としての歴史が苦手だったので、歴史に触れるという意味でもよかった。2020/06/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12004240

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす