コスミック時代文庫<br> 将軍を蹴った男 松平清武江戸奮闘記

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader

コスミック時代文庫
将軍を蹴った男 松平清武江戸奮闘記

  • 著者名:誉田龍一【著】
  • 価格 ¥715(本体¥650)
  • コスミック出版(2017/09発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784774713038

ファイル: /

内容説明

征夷大将軍──幕府の長であるこの将軍は、全国の武士を従える棟梁でもあった。よって、この位をめぐり徳川家では度々、権力争いが起きている。だが、次期将軍の第一候補者でありながら、権利をあっさりと放棄した人物も実在した。上州館林藩主松平清武、その人である。清武は、三代家光の孫にして六代家宣の実弟という血筋。いわゆる直系男子であった。が、七代家継が危篤に陥った折、年齢や藩政の実績を理由に将軍就任を拒み続ける。これには、清武の真意があった。城に居ては庶民の目線を失う。長屋に暮らしながら悪人退治をしたかったのである。紀州から迎えた八代吉宗を市中から支え、享保の改革の片棒を担いだ清武……。熱く、波乱に満ちたその活躍を描く、期待の新シリーズ!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

klu

10
上田秀人の勘定吟味役異聞シリーズと被る時期です。吉宗が大分強面な感じでしたが、こちらの吉宗は大分ソフトです。大奥も波風がたっていないようで拍子抜けな感が・・・2019/06/13

サケ太

5
題名に惹かれて購入。54を過ぎた徳川家光の孫。上野館林藩藩主、松平清武。浪人に身として、民たちとともに江戸で暮らしていた。かつての失政から将軍となる野心もなかった彼は、6代目将軍の正室、天英院の推薦されるも、それを固辞する。彼女とともに8代目将軍となった吉宗を支えていくことに。江戸や日本という国家の抱える問題。財政、民の訴え、火付盗賊など。襲い掛かる刺客は剣で払い、市井を見ているからこその解決策を提示する。実際施行された政策も書かれており面白い。軽快な読み心地。面白かった。2017/02/10

たかさん

3
松平清武というあまり知られていないが、とても興味深い人物が主人公。こちらは、超有名な将軍吉宗(その座を清武は譲った)をあるときは知恵で、そしてあるときは刀で、陰から支えていく物語。面白かったです。2017/02/11

Giyaman Teialuji

1
これは面白かった。読みやすいです。あっという間に読めます。2017/03/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11547797

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす