富士見ファンタジア文庫<br> デュシア・クロニクル 十二騎士団の反逆軍師〈リヴェンジャー〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

富士見ファンタジア文庫
デュシア・クロニクル 十二騎士団の反逆軍師〈リヴェンジャー〉

  • 著者名:大黒尚人【著者】/ゆらん【イラスト】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • KADOKAWA(2017/11発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784040724126

ファイル: /

内容説明

反帝国派の希望・軍師アートルム卿。その正体は、かつて帝国最強の黒天十二騎士団に所属し【鴉】の異名を持つ少年シオン。辺境の王国騎士セレインとの出会いから、西方大陸の歴史を変える復讐の戦いが幕を開ける!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

34
母国に裏切られた最強の騎士が敵国の軍師として立ち上がり、自身を裏切った帝国に復讐をする逆襲の物語ここに開幕。復讐に燃えながらも普段は飄々と振る舞う主人公。野心を胸に抱き同志を求める王女と脳筋気味のツンデレ女騎士。そんな魅力的なキャラクターが登場する今作はファンタジア文庫らしい純粋な俺TUEEEを楽しめる内容となっており中々面白かったです。戦記モノとして見るとまだまだ足りないけど、ラストのあの人が物語にどう絡んで来るかで一気に化けそうな気配はするし、そこは今後に期待したい。無事完結まで走りきって欲しいな。2017/10/22

よっち

31
帝国に家族を殺されて黒天十二騎士団の座も追われ、今は反帝国派の希望・軍師アートルム卿として活動する少年シオン。辺境の王国騎士セレインとの出会いから、西方大陸の歴史を変える復讐の戦いが始まる戦記ファンタジー。帝国の対応を巡って王女派と宰相派に分かれるエルザイムを舞台に、王女派として旅の剣士シオンとアートルム卿の二役を演じつつ戦いを主導する展開。野心を胸に秘めた王女やツンデレなセレインといったヒロインたちを魅力的に描きつつ複雑な因縁も絡めてゆく構成は、戦記物として見るとこれからですけど期待の新シリーズですね。2017/10/21

まるぼろ

17
大黒尚人先生のフルメタル・パニック!アナザーから打って変わっての戦記ファンタジーの新シリーズです。故あって故国に牙を剥く道を選んだシオンは船上での戦闘から海に身を投げ出されてしまうも、打ち上げられた浜の先でエルザイム王国の騎士、セレインに助けられ…と言う所から始まるお話です。とても読み応えのある正統派の剣のファンタジーで面白かったです。特にシオンにとって仇であるクヨウを筆頭にキャスティングが上手いなぁと。初巻でありながらシオンとカナンの過去とアームトル卿としての功績、エルザイム王国内での争いとその終結→2017/11/19

HANA

13
逆襲系の戦記もの。始まったばかりのせいか他の作品と似たような感じがしてしまう内容。後、説明が結構長く感じてしまった。後半は面白かったんだけれど。次が出るなら期待したいところ。2017/11/15

真白優樹

13
―――裏切りの国を亡ぼす為、ここから世界を覆せ。戦う相手はかつての故郷、そして旧知の仲間達。だがそれでも、滅ぼすと決めたから。最強の剣士と軍師、二つの顔を使い分け戦場を導くこの物語。前作で積み上げた確かな経験がスキルとして生きており、手堅く心を熱くさせる面白さがあり、大きな物語の始まりを告げる巻としてはいい掴みなのではないかと感じる。故にこの先の面白さに期待したい。次なる相手はかつての家族。いきなり訪れる難局を二つの顔を持つ復讐者はどう乗り切るのか。迫る哀しき対決の行方とは。 次巻も須らく期待である。2017/10/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12302077

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。