ポプラ文庫<br> 真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者

個数:1
紙書籍版価格 ¥770
  • Kinoppy
  • Reader

ポプラ文庫
真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者

  • ISBN:9784591145128

ファイル: /

内容説明

東京・三軒茶屋。真夜中に開店する不思議なパン屋「ブランジェリークレバヤシ」に、手から白いハトを出す怪しげな中年男が現れる。 それが店を揺るがす大騒動の幕開けだった。 一方、母親である律子と久しぶりの対面を果たした希実だったが、その隣にいたのは実に意外な人物で・・・。 ほっこりじんわりと心の中が温まる、「まよパン」シリーズ第5弾!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

れみ

466
まよパンシリーズ第5弾。今回、希実と母・律子の久々の対面をきっかけに、希実の出生の秘密を巡りブランジェリークレバヤシをも巻き込む騒動に。このシリーズはこれまでもわりと重い目のエピソードが多かったけど、今回はそのなかでもかなりヘビーだったな。でもそのわりに読後感は悪くない。ブランジェリークレバヤシは朝5時閉店のパン屋さんだから…次でいよいよ完結なのかな。2016/06/24

た〜

346
前巻から時間が開いたせいでいろいろと忘れているなー 第1巻のレビューで「まともな大人がホームレスニューハーフと故人しか居ないんですけど(笑)」と書いたけれど、その故人もけっこうろくでもないような。ところで主人公、全然目立たないよなー。一応話の中心に入るけど2016/03/20

hiro

314
本当に久しぶりの“まよパン”。前作を読んでアイスデニッシュを食べたいと思ってから、もう2年半が経っていた。まず本の厚さに驚いた。もちろんそれだけ話しは、二転三転四転するのだが、なかなか読み進められなくててこずる。しかし、ラスト100頁からは、希実の秘密がだんだん明らかになってきて一気に読んだ。次はいよいよ午前5時。やはり、まよパンも閉店するだろうか。バイプレーヤーの斑目やソフィアたちも活躍する第6弾を期待する。2016/04/10

ダイ@2019.11.2~一時休止

292
まよぱんその5。いよいよハハの話。暗躍していると思われる内容が二転三転。でもこの内容なら今回で最終回?もしくは営業時間を考えて次作で最終回?。2016/03/30

たんぽぽ

291
前作からだいぶ間が空いたと思ったら、ボリュームたっぷりの長編でした。高校三年生の女の子の出生の秘密って…本人にしてみればあまりに昔のことだろうけど、親の世代(それもかなり若くして親になっている…)にとっては、まだ生々しさが残るつい最近のことよねぇ…。それにしてもこのシリーズ、家庭や家族に傷つけられ、損なわれる子供たちが多すぎる。大人になっても屈託を抱えている人が多い。血のつながりとは関係なく、自分を受け入れてれる場所があるのは大切なことだね。私もパンケーキモーニングが食べたい。2016/04/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10734455

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。