オーバーラップノベルス<br> ゴブリンサバイバー 1

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

オーバーラップノベルス
ゴブリンサバイバー 1

  • ISBN:9784865542202

ファイル: /

内容説明

ある男がふと目ざめると、そこには見知らぬ景色が広がり、そして全身が見慣れぬ緑色の異形。
その姿はどうみても緑色の小鬼“ゴブリン”――
「名前も覚えてねぇが、オレは人間だぁああ!!」
いきなり出くわした冒険者(人間)から命からがら逃げ延びたその男は、ゴブリンである事を受け入れ『ゴブリオ』と名乗り、生きていくことに。
チート能力に一向に目醒めない! 人間の言葉もわからない! ハードモードのゴブリンライフ!
身を寄せたゴブリンの村で、運良く頼もしい仲間(ゴブリン&オーク)にも巡り会い、徐々に生きていく術を身につけていくゴブリオ。
だが、村のゴブリンが人間の女の子を襲おうとしたその時、元人間の正義感と勇気を発揮し女の子を救出!
しかし、その事件をキッカケに村での居場所を失い、さらに大切な仲間ともはぐれてしまい――!?
ゴブリンに転生してしまった男がニンゲン目指し七転八倒するハイテンションファンタジー開幕!
「そりゃ、死ぬゴブ…だってゴブリンだもの……」

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

すがやん

17
「10年ごしの引きニート~」の著者の新作。前作は断然web版の方が面白かったが今回はどうか。主人公のテンションがちょっとうざいけど、ダラ~っと軽い感じで進む。微妙な面白さって感じゴブ。2017/05/27

nawade

7
★★☆☆☆ Web版未読。転生したらゴブリンでした。しかもチートなしなハードモードのゴブリンライフでゴブ。「10年ごしの引きニート~」の作者だが印象は大きく異なる。物語は主人公の一人称で語られれるが、これがこの物語の大きな特徴であるが、拒否感を招きかねない諸刃の剣となっている。とにかく主人公がうるさい性格なのである、しかも語尾にゴブがついて鬱陶しいし、割とクズな性格をしているのである。作者的にはコメディタッチに仕上げたつもりなのかもしれないが、かなり人を選ぶ作風だと思う。2017/10/28

サキイカスルメ

7
ゴブ可愛い。気付いたらゴブリンになっていたゴブリオ(人間だった時の記憶は喪失中)が人間目指して生きていくお話。ゴブリオとオクデラの可愛さね。ゴブリオの語りは、かなりテンション高いですがテンポ良くて私は好きです。アニキ・ゴブリオ・オクデラのトリオも良い。ヒロインシニョンちゃんは、素直でいい子でとにかく攫われてましたね。ある意味、ものすごくヒロインらしい(笑)ゴブリオ・オクデラ・シニョンちゃんの3人ほのぼの暮らしも見たいえですが、強くカッコいいアニキには、ぜひ再登場してもらいたいです。2017/06/06

しまふくろう

4
ゴブリン関係の本を探していて見かけたので購入。表紙の女の子の胸大きいなあと思っていたら、本文でも「おっぱいちゃん」と呼ばれていて噴き出した。 物語はゴブリンに生まれ変わった主人公が頑張る話なんだけれど、とにかく語り口が個性的なのでちょっと好き嫌いが分かれそう。2018/07/26

DTiGeR

1
なんというか、ちょっと悲観的に言ったらうるさい作品だった。全般的にサクサク読める軽さで悪くはないんだが主人公の口をなんとかしなきゃ読者が落ちるかも?2017/06/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11877585

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。