ハヤカワ文庫SF<br> 終わりなき戦火 老人と宇宙6

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

ハヤカワ文庫SF
終わりなき戦火 老人と宇宙6

  • ISBN:9784150121181

ファイル: /

内容説明

脳だけが船に接続され、兵器にされた男の決死の反撃! コロニー連合と地球、異星人の間に争乱を企む謎の一派との最終対決を描く

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

宇宙猫

32
★★★★ 面白かった。スペースオペラな感じじゃなくなっちゃったけど、シリーズの終わりとしては綺麗に完結してよかった。レイフは「戦う都市」のシメオンを彷彿とさせて好きだな。2017/08/03

Panzer Leader

32
前作の13+2の短編から本作は4話の中編。ユーモア溢れるアクション味薄めのSFポリティカル物で、それぞれ違う主人公で描くスケール感のある物語は充分面白い。だけど初期の様な長編物が自分の好み。ゾーイを主人公にした新作書いてくれないかなあ。ソルヴォーラはどうしてもビッグバードを連想してしまう。2017/06/20

もち

19
「世界の終わりもだいぶ気にならなくなってきたようだな」◆身体を奪われ、脳だけで宇宙船を操縦する羽目になったパイロット。出自を活かした逆襲により、敵対勢力の正体が明らかになる。アダムウェとハリーを擁する外交団は、瓦解しつつある宇宙を救えるのか。■シリーズ第6作。前作で積み残された謎が一掃。爆ぜる宇宙船からの救出劇、超絶技巧の回避機動、暗殺事件の意外すぎる犯人、黒幕を打ち砕く合同作戦など、見所は満載。前巻から一気読みすれば、1~4巻級の満足感に浸れる。2020/03/29

わたなべよしお

17
 ちょっと理屈っぽい感じになっていたかな。そういう意味で面白さはスコルジーの作品の中ではイマイチだった。コンクラーベとコロニー連合、地球の関係、コロニー連合自体の政治制度の在り方などが否応なしにテーマとして浮上しちゃった、というか、そうしないとストーリー的に決着を付けづらいから仕方がないのかなとも思う。それでもスコルジーの新作はこれからも楽しみしていきますけどね。2017/04/09

わたなべよしお

15
 再読ですが、これは連作集といった感じです。全体に「論」がかちすぎて、躍動感を失っているような気がします。スコルジーの作品のなかでは、わずかながら出来が悪いかなぁ。まあ、それでも読んでしまいますが。2019/01/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11588133

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。