ハヤカワ文庫SF<br> 最後の星戦 老人と宇宙3

個数:1
紙書籍版価格 ¥968
  • Kinoppy
  • Reader

ハヤカワ文庫SF
最後の星戦 老人と宇宙3

  • ISBN:9784150117160

ファイル: /

内容説明

コロニー防衛軍を退役したジョン・ペリーは、植民惑星のハックルベリーで、ゴースト部隊出身の妻ジェーンと養女ゾーイとともに平穏な日々を送っていた。だが、ある日、思いもよらない要請を受ける。かつての上司リビッキー将軍から新たな植民惑星ロアノークを率いる行政官になってくれと頼まれたのだ。やがて、ジョンは新たな戦いに巻きこまれていくが……『老人と宇宙』のジョンがふたたび大活躍するシリーズ、第3弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

猿吉君

59
老人と宇宙3作目、いろんな伏線が収束してひとまず終わりと思いきやまだまだ続きそうです。①最強の奥様、異星人のカリスマ娘、お父さんちょっと影が薄くなってます(笑)②異星人の姿がイマイチ想像できないので映像化待ってます。③ずっと農場にいた方が良かったんじゃないかと凡人は思いました。④緑色じゃなくて生殖機能もある、こりゃスーパーヒーローですね。⑤このメンバー中心の物語を追いたいです。点数:90/100→読んでいて安心感があります、だってめちゃ強い家族ですから(^u^)続巻でまたこのメンバー編やって欲しいです。2020/09/16

かわうそ

32
宇宙を舞台にした虚々実々の政治的駆け引きから、陰謀の全体像が徐々に明らかになってくる過程の面白さ。そして、それに翻弄される主人公の大ピンチから大逆転…への流れはいろいろと無理筋な印象もあるけどまずは楽しく読みました。2018/09/28

Panzer Leader

28
ジョンの家族や周囲の人達とのやり取りはユーモラスに描かれていて読みやすかったけれども、全宇宙的なポリティカル・ミステリーの割にスケール感が感じられないのは、ジョンやジェーン・ゾーイの限定的な廻りしか描いていないせいか。1,2作目のスペース・オペラ的な展開の方が自分には面白かった。それでも次作・次々作には期待している。2015/11/01

kariya

27
老人版”宇宙の戦士”最終作。退役後、妻子と殖民星で暮らしていたジョンは、新しい植民星の行政官となるよう軍から依頼を受ける。だがそこには人類・非人類それぞれの陰謀が隠されていた。人類の存亡をかけた企みが。人的被害を止む無しとする軍上層部に頷かない、共感の持てる主人公を軸に、納得のラストまで一気に読ませる抜群のリーダビリティは健在。老人版といっても実状は、「見た目は若者、中身はアラウンド90」なので、心置きなく痛快かつエンタメ度の高い作品として楽しめる。

わたなべよしお

25
 一気読みです。話の内容も一コロニーから、銀河全体の規模まで大展開されました。やっと、地球も出てきて、ラストもいいですねぇ。2019/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/550146

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。