電撃文庫<br> 血吸村へようこそ(6)

個数:1
紙書籍版価格 ¥627
  • Kinoppy
  • Reader

電撃文庫
血吸村へようこそ(6)

  • ISBN:9784048705516

ファイル: /

内容説明

「高村クンが望むなら、わたくし、どんなことだってしてあげますわよ」 そんな会長の告白を皮切りに、これまで僕を守ってきてくれた女の子たちから一気に言い寄られてしまいました。突然のモテ期到来にどうしていいかわからず悩んでいる中、吸血鬼となった治水村の人々を人間に戻すため、ついに神父が村に帰ってきました。長年待ち続けた福音の到来に歓喜する村の人々。そして待望の瞬間が訪れて……。シリーズ完結! 治水村の運命は!? そして直樹を巡る少女たちの想いは!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

中性色

11
最終巻。まぁ基本的にはこの人らしい終わり方ではあったけど、その上で一捻り加えてくるという挑戦的な部分も見れたり。まぁ、その上でストーリーは読みやすい作者なので、そこを楽しめるかどうかがひとつないし全体としてのポイントになるかもしれない。しかし、場所を巡るだけで簡単に記憶がポンポンよみがえるものなのかねぇ……。あと、熊谷……ストーリーの性質上、おじゃまキャラでしかなかったけど、個人的にあのキャラは嫌いじゃない2014/11/07

岡本

4
阿智先生の本を読むのはコレが一作目だったので終わり方に少し違和感を感じてたんですが感想・レビューを読む限りこういう終わり方に定評があるんですね。他の作品も気になる所です。最終的に普通の村に戻るのかな?個人的には主人公吸血鬼化ENDで永遠に一緒なのかな?って思ったけどw2012/03/08

タカユキ

4
吸血鬼という非日常に巻き込まれただけだった主人公が、最後に自分の意志で未来を掴み取る。シンプルながら燃えるラストではありませんか!2011/06/10

Teruji Shinozaki

3
最終巻は、もうストーリーが読めてて・・・ けれども、楽しかったです2012/06/23

OWBA

3
最後がタタタタンッ!とあっというまなw時間もあっという(略 阿智さんだから許せる締めでしたw2011/09/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3341104

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。