境界のミクリナ(2)

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

境界のミクリナ(2)

  • 著者名:松本ひで吉【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2017/02発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063910568

ファイル: /

内容説明

貧乏ひとり暮らしの女子高生・榎本さんと、そこに居候することになった魔女ミクリナの日常を観測する、「愚かわいい」コメディー第2巻! ミクリナの幼なじみの“できる魔女っ子”インゲルがやってきたり、夏祭りで榎本さんが全裸になったりする爆笑回、榎本さんが記憶をなくす秘薬を飲んじゃう感動回まで! 中2病高校生・スマ子さんvs.キルケさんの戦いは腹筋崩壊間違いなし!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

クワガタ

1
プリティモモカは絶対ゲスだと思っていたが…今後のからみに期待!榎本さんとナチュラルにいちゃいちゃするミクリナは完全に堕ちたなって感じ。一巻より百合度アップで満足感も高し!マス子ちゃんにも百合な相手役を用意してあげて欲しいですね!2017/03/11

みり

0
面白かった。ミクリナかわいい2017/04/24

zhiyang

0
すっかり人間界、というか榎本さんとの生活に馴染みすぎてて和やか。イカ娘をもっとコメディにした?感じで楽しい。2017/03/09

ヨックモック

0
あれ?1巻よりパワーダウンしたような?エピソードのノリがちぐはぐで読後感が薄味。2巻だと銭湯回やら魔法少女回やら、庶民的な東京の下町っぽさを活かした話にヨソの作品にはない魅力や個性を感じるんだけどな…/さばげぶでもあったけど、この作家突然絵柄を変えるのは何なんだろう…変える前のちょっと少女マンガに足の指突っ込んだくらいの絵柄が可愛くて好きだった/お色気シーン…か?が多かったのも少女誌でできない鬱憤を晴らしてるのだろうか/ひょっとこは可愛いけど他の新キャラに必要性を感じない。ムダな天才出すのが好きなのかね2017/02/26

苑田 謙

0
インゲルやリサはもちろん、夏祭り回のモブ幼女までことごとく可愛く個性的なので、ひで吉先生はゲームのキャラデザの仕事とかしてほしい。2017/02/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11454956

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす