境界のミクリナ(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

境界のミクリナ(1)

  • 著者名:松本ひで吉【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2016/06発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063910186

ファイル: /

内容説明

人間界征服を企む幼き魔女・ミクリナと、楽して生きたい女子高生・榎本さん。ひょんなことから2人暮らしをすることになってさあ大変…と思いきや、特に大したことは無し! あまりにもぐうたらな榎本さんに付き合ううちに、ミクリナも野望を忘れ遊びほうけるように…! 「ほんとにあった! 霊媒先生」「さばげぶっ!」の松本ひで吉の新境地、ぐうたら描かれる非日常な日常ギャグワールド開幕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ハイカラ

18
ショボい魔法しか使えなくなった魔女が、女子高生と暮らしながら人間界征服を目論む話。表紙買いしたけど正直失敗だった。ほのぼのした話を想像していたら、割とテンション高めなギャグ漫画だった。好みに合わず。2016/06/22

行加

7
別のマンガを、マガジンエッジで試し読もうと、掲載誌を買ったら、こちらの方に心惹かれてしまいましたwww 見やすい絵柄も然ることながら、ホントは怖い黒魔術や魔女の世界を、ギャグに変換してしまうセンスは素晴らしいです!!「鬼灯の冷徹」好きな方には波長が合うかもですねw あと、ミクリナちゃんの一生懸命さと、空回りっぷりが本当に本当に可愛いです2016/12/03

コリエル

2
魔女の女の子とJKのダラダラ生活。死んでもへそが無くなっても動じなさすぎだろ。2016/11/20

苑田 謙

2
2話がひで吉節全開。目覚め→布団に対し怒る→ウサギの手→「魔法ショボい」→「榎本さんのバカァアアア」→「朝ごはん大事」→(略)→アンパン。愚にもつかない会話のなかに動きがあり、ドミノ的に出来事が連鎖し、オチへなだれこむ。天才って言葉は使いたくないが、この先生は例外とすべきかも。2016/06/21

ぬりかべ

1
人間界にきてポンコツになっちゃった魔女のお話 別の似たようなマンガにジャヒー様はくじけない! てなのがあるね 向こうは妖艶さと幼女のギャップがあるけど、こっちは そのようなギャップはなし ぼんやりお姉さんの出来不出来によるのかな 次巻はどんなだろうかね 2020/02/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10984995

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす