幻冬舎文庫<br> 露西亜の時間旅行者 クラーク巴里探偵録2

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader

幻冬舎文庫
露西亜の時間旅行者 クラーク巴里探偵録2

  • 著者名:三木笙子【著】
  • 価格 ¥679(本体¥618)
  • 幻冬舎(2017/01発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784344425668

ファイル: /

内容説明

弟を喪った晴彦はパリに戻り、曲芸一座の名番頭・孝介の下で再び働き始めた。頭脳明晰だが無愛想な孝介を得意の料理で支えながら、贔屓筋から持ち込まれた難問題――皇帝が愛したルビーの呪い、時間を旅する予言者の謎、百合の冠と宝の地図――の解決に乗り出す。次第に心を開いていく孝介だったが、ある事件を契機に晴彦を遠ざけるようになり。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

papako

53
シリーズ続けて。弟を見送って巴里に帰ってきたハル、また二人で過ごす孝介。うーん、謎解きとかの部分は楽しめたけど、二人の関係とか憧れとか、なんかしっくりこなかった。二人の謎解きだけで充分なのにな。2018/09/26

24
シリーズ2作目ですが、前作を読んだのが一体いつだったんだろう?ってぐらい忘れてる(^_^;)話は巴里に出戻った晴彦の帰還から始まり、止まっていた時が再び動き出す。二人の関係はよりバディ感を増しながら、想いがどうしようもなくすれ違う。良かれと思って選んだ未来は、必ずしも相手の望むものではない。孝介と晴彦、オンブルとオーギュスト尼、時間旅行者もシモンも…相手を思い遣りながらも空回りして、遠回りして通じ合う。もどかしいけれど、ようやく辿り着いた答えが、過去を越え未来へ、この先の幸いに繋がっていく。2021/06/09

しましまこ

22
パリに戻った晴彦を仏頂面で連れ回し「おかえり」は背中を向けての孝介。歓迎会は何回するんだの団長さん。前回に輪をかけてどんだけ孝介のお世話をするんだの晴彦。3年半振りなのに相変わらずの皆が嬉しい。今回も4編、それぞれ人の絆が心に沁みる。読めて幸せ~。2017/01/29

てんつく

20
ジャポニズム真っ只中の巴里での謎解きも面白かったけど、孝介さんのツンデレ具合がツボ(笑) 晴彦くん、お守り頑張ってね。2019/01/27

きょん

17
前作から3年半後、再び巴里に戻って来た晴彦を変わらずに受け入れる孝介をはじめとする那須一座。後顧の憂いもなくなった晴彦が献身的に孝介をお世話しているのにはなんだかニヤニヤしてしまう。そして、マドモアゼル・オンブルなど魅力的な女性キャラも沢山出てきて楽しかった。2017/02/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11491723

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす