8歳から80歳までの世界文学入門~対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義4~

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

8歳から80歳までの世界文学入門~対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義4~

  • 著者名:沼野充義
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 光文社(2016/10発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784334978822

ファイル: /

内容説明

本を読むのに早すぎるも遅すぎるもない! 創作の最前線で活躍し、またプロの本読みでもある作家・翻訳家たちが、みずからの読書遍歴や、自著にまつわるエピソード、世界文学への思いを熱く語る! 世界と日本の文学を知り尽くす東大・沼野教授の好評対談集第4弾。ゲスト:池澤夏樹、小川洋子、青山南、岸本佐知子、マイケル・エメリック。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Y

37
文学で得られる豊かさにふれられた。年齢に応じた読書入門かと勝手に思っていたので、本を開いてみると子供向けの本についてが中心で少し肩透かしをくらったような感じもしたけれど、すごく面白かった。小川洋子さんの話すこと、そして人柄が素敵だなあと思ったので、小川洋子さんの著作をこれから読んでみたい。2017/03/31

かもめ通信

34
この広い世界には実に多様な面白い文学が山ほどあるってことは、わざわざ教えて貰わなくてもよく知っている!と思いつつ、ちょっとだけ覗いてみるか……とページをめくったのが運の尽き!いやだわ、なにこれ面白い! 収録されている5つの対談のトップは池澤夏樹。「世界文学全集」と「日本文学全集」の編集方針の元となっている考え方に思わず唸る。小川洋子、青山南、岸本佐和子、マイケル・エメリックと続くのだが、その読書遍歴にも人柄にも目の付け所にも驚き笑う。世界の文学だけでなく、世界の中の日本文学を考えることができる1冊だった。2016/10/10

tom

18
図書館の紹介本コーナーに置いてあった本。このコーナー、月替わりで、テーマ本を集めているのだけど、普段目に入らない本を置いている。そして、この本をめくってみると敬愛する岸本佐知子さんが登場する。これは読まなきゃと借りてくる。翻訳者が何を考えているのかが浮かび上がって来てとても面白い。そして、小川洋子,青山南と続いて対談の面白さにワクワクする。池澤夏樹さんは読んだことのない人だけど、ちょっと凄そう。読みたい本が増えてしまって、酒を飲み干すじゃなくて、本を読み干す事態に突入しそう。嬉しいような拷問のような。2021/08/26

ののまる

12
おもしろかった!欲を言えば、題名にある8歳(こども)についての話はたくさんあるので、80歳前後の老人にとっての文学も語ってほしかった。2019/09/24

てつや

11
対談相手が、池澤夏樹、小川洋子、青山南、岸本佐知子ときたら、読まずにはいられません。 いやぁ。。。 面白かったです☆  ぜひぜひぜひ☆2016/09/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11120333

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。