貸本版河童の三平 水木しげる漫画大全集(下)

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,475
  • Kinoppy
  • Reader

貸本版河童の三平 水木しげる漫画大全集(下)

  • 著者名:水木しげる【著】
  • 価格 ¥1,980(本体¥1,800)
  • 講談社(2016/10発売)
  • ポイント 18pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063775150

ファイル: /

内容説明

水木貸本漫画の中でも圧倒的な人気を誇る、大名作「カッパの三平」の原点となる作品!美しく幻想的な絵、貸本ならではの絵画的な世界! しみじみと泣ける結末、水木ドラマの真骨頂!(上下巻の下巻)「水木しげる漫画大全集」-半世紀以上にも及ぶ漫画家生活初の集大成。「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」「河童の三平」などの代表作から、貸本時代、風刺、戦記など様々なジャンルに及ぶ水木しげるの漫画作品を、京極夏彦責任監修の元、完全網羅。最新デジタル技術を駆使し最高画質を達成。第1期33巻。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ホームズ

17
絵がだいぶ僕の知っている河童の三平になってる(笑)何回読んでも最後が悲しい感じで。月報に書いてあったけど原因は出版社とのいざこざなんですね。残念。2013/08/05

ぐうぐう

14
河童に死神、小人が出てきたかと思えば、喋る狸、そしてついには天皇陛下までが三平と絡んでくる。妖怪と天皇を同列に登場させる、この大胆さは、水木しげるの自由さの表れだ。自由といえば、第八話において、いきなり主人公の三平が死んでしまうのにも驚きだ。さらには、死んでなお、お構いなしにストーリーが進行していくことにも。この自由さこそ、水木漫画のおもしろさの源だ。2013/08/19

エイミーベス・マクナルティそっくりおじさん・寺

13
上巻を読んで待ちきれなくなり、ちくま文庫版を読んだ後にこの下巻を読んだ。私は貸本版を有り難がる気持ちは無い。絵に不思議な味わいはあるが、やはり醜悪な所がある。ちくま文庫版は『ストトントノス』の部分以外はほぼこの初出通りだとわかった。解説は池澤夏樹の娘・春菜が書いているのだが、内容に同感。本当にその通り。相変わらずタヌキがかわいい。2013/09/27

tue1972

3
当初の構想はよくわからないが、版元との金銭トラブルで打ち切ったようで、いささか唐突な幕切れを迎える。 のちの水木作品にたびたび登場する死神(解説にあるようにねずみ男とも近い)や、ねこ娘的な魔女、大胆なデザインのたぬきなど、キャラの存在感が非常に強い。 これらはもっと活躍する予定であったのだろう、謎が出されてもほったらかしなのは、打ち切ったのも一因だろうが、見せ場で繋ぐスタイルであることも関係している。 終盤、タイトルの意味が明かされるので、結末だけは予定通りであったと思われる。 2021/10/28

歩兵

2
池澤春菜の解説「なんか変」は言い得て妙だなぁ。悲惨な目にあっているのに、悲劇的に描かずに飄々と受け入れてストーリーが進んでいくのがとても奇妙。地獄に行くのに電車に乗るし。割りと辛辣なくせに淡々としているキャラクター同士のかけあいが面白くてそれもまた奇妙な世界を増幅している。2013/10/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6981066

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす