大空ポケット文庫<br> まだある。 今でも遊べる“懐かしの昭和”カタログ ~遊園地編~

個数:1
紙書籍版価格 ¥803
  • Kinoppy
  • Reader

大空ポケット文庫
まだある。 今でも遊べる“懐かしの昭和”カタログ ~遊園地編~

  • 著者名:初見健一【著】
  • 価格 ¥495(本体¥450)
  • 大空出版(2016/08発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784903175331

ファイル: /

内容説明

ビックリハウス、豆汽車、飛行塔、オクトパス、10円ゲーム、コイン遊具…。「テーマパーク」なんて言葉がまだなかった時代、「昭和っ子」たちを夢中にさせた懐かしの遊園地遊具たち。そんなレトロ遊具のなかから、今も各地の遊園地で元気に稼働しているアイテムをセレクト。定番の人気遊具から、「え? これって“まだある”の?」と叫んでしまうものまで、オールカラーで一挙紹介! (底本発行日:2011年6月20日)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ホークス

33
現存する懐かし遊具集(関東圏)。 1950年の飛行塔(大宮公園)が回すゴンドラは実にレトロで、写真から子供の声が聞こえてきそう。1953年のローラーコースター(浅草花やしき)は単純で小さくて大人が乗るとかえって怖い。半世紀以上多くの人たちを楽しませてきた遊具たちだ。豆汽車やコーヒーカップなどの可愛いデザイン、心をくすぐるディテールに設計者や職人の工夫が偲ばれる。素朴なアイデアが楽しいエレメカ、無性に乗りたかったムーバー類もある。著者が苦手な絶叫マシンは地味めなもの中心。撫でさすりたくなるのも加齢現象か。2019/08/01

中野(racoon)

9
★★★★☆ 1ページ目からいきなり「ビックリハウス」、しかも「お化け屋敷より怖かった」という感想が著者と同じでテンション上がりました。そうそう、大人になってから乗って、「これは錯覚!」とわかっていてもスリルがあった。ゲームコーナーに置いてある、坊主めくり系ゲームも豊富。遊園地行きたい!と思った。2015/02/14

やんも

2
著者と同年輩ということもあり、このシリーズはいちいちうなづいたり、微笑んだりせずににはいられない。思い出深いのは井の頭ととしまえん。特に井の頭は幼い姪を連れて遊ばせた記憶も併せて、とてもノスタルジックな場所として心に残っている。また戦争により一時閉鎖に追い込まれ、戦後復興とともに人々に微笑み与えるべく復活した、花やしき等の遊園地の歴史には感慨深いものを感じた。焼野原から立ち上がり、復興するには微笑みある場所が必要だったのだと思える。2015/08/12

ささ

1
■副題の通り、現役の懐かしい遊具・エレメカを取り上げた本。出だしのビックリハウスから、懐かしい気持ちに。私も絶叫系が苦手だが、筆者自身も苦手らしく、少年期に出てきたバイキングに、イヤなものがはやり始めた、と思ったり、ビックリハウスを楽しげな外観で子供を引き付け、恐怖のドン底に叩き落とす、と言ってみたり、大いに納得。カルーセルエルドラドに一度乗ってみたい。あと、台場1丁目商店街のプレイランドアポロに憧れる。関東方面の次は、是非地方のまだある遊園地を取り上げて欲しい。メロディペットという名前を知れて大満足。2014/02/23

ヒコ。

0
東京圏の遊園地で働く昔なつかし可愛い遊具たち。本書には記載はないが、川越丸広百貨店屋上・鎌田東急百貨店屋上・宇都宮動物園も押さえておきたい。あと宇都宮動物園ローラーコースター・名古屋東山動物園豆モノレール・姫路市立動物園観覧車もお勧めしたい。そして豆知識、千葉市立動物園のバッテリーカーにはレッサーパンダ風太を模したものがある2013/07/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3343995

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。