春よ来るな(1)

個数:1
紙書籍版価格
¥660
  • 電子書籍
  • Reader

春よ来るな(1)

  • ISBN:9784063774832

ファイル: /

内容説明

大学受験に懸け、有名大学に入学した都築卓也だが退屈な日々にもやもやを抱えていた。そんな時、都築は父の緊急入院先で出会った白衣の女子医学部生・友塚あゆみの懸命な姿に心をうたれる。あゆみの通う冨士医科大学の学園祭を訪れた都築は医大の意外な光景を目にするが――!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

積読亭まめウサ☆積ん読減らしたいのに増えてく

21
医学部に編入した男子大学生のお話。夢や憧れだけでどうにかなるお仕事じゃないよね。医療関係は… 以前、とある病院のお医者さんが「卒業して試験受かれば、みんな医者。人の痛みも気持ちも分からんヤツが医者になる…医者になって患者を治したいと思っても合理化だかなんだかで患者の話もろくに聞いてやれない」と愚痴られていた。熱意があっても世の中がこんなんじゃお医者さんが大変だ。 主人公も素敵な医者になってほしいと思う。今後も続けて読んでいきたい。2016/11/02

れんこ

10
子供のおすすめ。これからが楽しみ。2017/02/18

チューリップ

4
いわゆる良い大学に入ったけれど医学部に編入する事にした主人公の話。勉強できるから医大に編入出来たけど、勉強だけじゃないメンタルの方向でも色々ありそうで気になる。患者の事考えて挫折してしまうのかなと思ったけどそういう話じゃなくて良かった。当たり前だけど覚える事多くて大変そうだなと思ったけどみんな頑張って欲しいな。2023/10/03

新天地

4
普段知らない医大生や医者の世界を覗けるだけでなく、登場人物たちの成長が描かれているのがとても魅力的。医大生みんなが、特に主人公の都築が、今まで積み上げて磨いてきた才能や技術を持っている反面自分にはまったく何も持っていない部分があって、そこを葛藤したりもがいたりしている部分が好印象。それでいて重くなり過ぎず軽くなり過ぎずのバランスを保っているのがとても素晴らしい。2016/11/26

かんたあびれ

3
医学部の話。なかなか良い。お医者さんって本当に大変だなと思う。日本最高峰の大学に進学するも「こんなもんか」と思っていた都築くん。ある日病院で出会った医学生の女の子を見て、その子が通う大学の医学部への編入を目指す。2017/10/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11031254
  • ご注意事項
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数5件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす