コトノバドライブ(3)

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

コトノバドライブ(3)

  • 著者名:芦奈野ひとし【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2016/06発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063881462

ファイル: /

内容説明

『ヨコハマ買い出し紀行』『カブのイサキ』の芦奈野ひとし、最新作! 小さなスパゲティー屋で働くすーちゃんは、なにげない日常の中で、他の人とはちょっと違う景色を見てしまう女の子。昔からの友達とお酒と鍋であったまる、ゆるゆる時間が流れる夜。心地よくお酒に酔った友達は、ほのかに、でも力強く光りだして――。「鍋の夜のこと」他、すーちゃんの“冬”がぎゅっと詰まった9編を収録!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Tatuyuki Suzuki

18
不思議な漫画です2017/03/02

眠る山猫屋

17
少しヒヤリとする感触、悪くない。嫌な話にはならず、少し切なささえ感じる季節感。すーちゃんは特別な力を持つわけではないけれど、素直に受け入れること自体が稀有なのですね。ずっと読んでいたい、そんな稀有な5分間。2016/07/01

gelatin

17
★★★★ あ、あのね!わたしも季節の変わり目の線を見たことがあるのです!7月末に大学の4号館と5号館の間の渡り廊下を歩いていたら、急に涼しい風が吹いて空に線が。そしてそれ以降その夏はいっこうに暑くならず、記録的な冷夏になったのでした。フィクションではなく、ホントの体験談。翌年タイ米を輸入した、あの冷夏です。日常って、ほら、こんなにも。2016/06/23

RYOyan

13
その昔、ある社会学者が言っていた。何かとせせこましいこの社会でまともに生きていくためには、例えば自然とか世界とか、普遍的な存在に目を向けることが必要だって。これ読むと、いつもそのことを思い出す。2016/09/11

さとみん

12
ほっこりする雰囲気なのに、所々ホラーなのは何故!?松林と庭が怖い(1巻の自販機を思い出してしまった…)。大雪の話は好きだけど、本当にあんなことになったらどうしよう。2016/06/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10969485

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数4件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす