バンチコミックス<br> 双子の帝國 1巻

個数:1
紙書籍版価格
¥638
  • 電子書籍
  • Reader

バンチコミックス
双子の帝國 1巻

  • 著者名:鬼頭莫宏【著】
  • 価格 ¥638(本体¥580)
  • 新潮社(2016/06発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784107718785

ファイル: /

内容説明

構想10年。「なるたる」(講談社)「ぼくらの」(小学館)「のりりん」(講談社)の鬼頭莫宏が描く戦争物語が開幕! 漂泊の民「空霞」の生き残りであるガウは、触れるものを死に至らしめる謎の少女フアと二人で旅をしている。フアの呪いを解く為に死滅したはずの魔法使いを探すのだが……。光国vs大陸。戦艦が超工業によって空を飛ぶ世界で、二人が行き着くのは?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

眠る山猫屋

33
『ラストエグザイル』っぽい、つまりラピュタのような設定ながら、舞台は光国(皇国・笑)に侵略された大陸。そして侵略された側から観た皇国史観。主人公は男尊女卑の民族の生き残りで、触れたら死ぬという呪いをかけられた少女の呪いを解く(抱く・笑)為に旅をしている・・・面白くない訳がない。キャラクターも個性的。ただし、日本人としては、侵略者だった過去を思い起こさせられるのは辛い。忘れちゃいけないことだけどね。2018/05/15

えりか

29
戦闘機や空に浮く軍艦など、「なるたる」「ぼくらの」「終わりと始まりのマイルス」を彷彿とさせ、さらに女の子が男の子を旅をしたり逃げるのは「ヴァンデミエールの翼」を思い出させる。つまり、すごく期待大。早速不穏な雰囲気なのも、らしくていい。鬼頭さんの作品は、立場や状況が違う人々が持つ思惑や主張、その人の思う正義などが、絡み合っていくところが面白くて好きなんだけど、今作もガウ、フア、光国、大陸、謎の双子など、期待できそう。2016/05/17

カラシニコフ

11
どうせ鬼頭や、最後は鬱にさせてくれるはずや。世界観はチャレンジしてて好き。 ★★★☆☆2016/04/29

RE:PIRO

10
まだ、この世界の理にイマイチついていけてないが、「ぼくらの」レベルの盛り上がりを期待してやまない。次巻が楽しみな作品のひとつです。2016/03/12

kanon

7
鬼頭莫宏の新作ということで購入。「なるたる」「ぼくらの」寄りの匂いがする。まだ分からないけれど、辛抱強く読んでいこうと思う。衝撃展開を期待しております。本当に目を見開くくらいの、声を上げてしまうほどの、展開で良いので。お願いします。そこから始まる。2017/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10493592
  • ご注意事項
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす