ZERO-SUMコミックス<br> 春の呪い: 1

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

ZERO-SUMコミックス
春の呪い: 1

  • 著者名:小西明日翔【著】
  • 価格 ¥638(本体¥580)
  • 一迅社(2016/04発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784758031813

ファイル: /

内容説明

妹が死んだ。名前は春。まだ19才だった。 妹が己のすべてだった夏美は、春の死後、家の都合で彼女の婚約者であった柊冬吾と付き合うことになり―・・・。 妹の心を奪った男との季節が巡り始める。 新鋭が贈る話題の初連載作、待望の第1巻!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

英知@マンガ専用

85
話題になっていて、2巻で完結とのことでまとめて購入。なんだか物騒なタイトルですが、読んでみてそういうことかぁ~と納得。こんなに恋人同士が罪悪感まみれで付き合う話ってあんまり読んだことなかったので、自分にとっては新鮮でした。夏美の素の性格好きだなぁ~友達になったら楽しそう♪ドロドロ感があるけど、夏美と冬吾の掛け合いが面白くて所々クスっとなりました。実際、妹の春の方が感情グチャグチャしてそうな気もする。2016/12/29

exsoy

48
罪悪感や背徳感をスリルとして楽しめるようなタイプじゃないから思い詰めてしまうのだろう。正常だと思う。2019/01/05

mt.gucti

43
少し絵と構成に単調さはあれど、ぐいぐい入っていく中身が凄い。読ませてくれる。掲載誌ゆえの方向性かもしれないが 普段読まないジャンルなのでどきどきする どうなる二巻? 2017/05/01

まろんぱぱ♪ 

42
春はスプリングの事ではないんですね。財閥の跡取りと名家の血筋の姉妹の単純な三角関係ではないストーリー。先に逝った妹の春の婚約者の冬吾と付き合うことになる夏美。夏美は春の面影を追い、冬吾は夏美への感情と夏美への想いをもて余す。お互いがお互いに気持ちをぶつけられないもどかしさの中で揺れる。呪いの意味は?春のSNSを見つける夏美、そこに残された想いが話を繋ぐのか?2017/01/03

流言

39
読み始めて『春の呪い』という言葉の意味に気づいて一気に引き込まれた。普段読み慣れない成人年齢層をメインキャストにした恋愛漫画というジャンルということもあって、楽しんで読めた。ファンタジーめいた二枚目・ハイスペック・名家の血筋の冬吾に対して庶民的な感覚を持つ夏美が対照的であり、彼女の視点に立つことで物語に入り込むことができる。そもそもの柊家の存在が非日常的ではあるが、さらに『妹の死』『妹の恋人と付き合う』という実際に起こりうる範囲の非日常によって上書きすることにより物語にリアリティを演出しているようである。2016/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10769231

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす