ZERO-SUMコミックス<br> 春の呪い: 2

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

ZERO-SUMコミックス
春の呪い: 2

  • 著者名:小西明日翔【著】
  • 価格 ¥704(本体¥640)
  • 一迅社(2016/12発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784758032483

ファイル: /

内容説明

「アキ」という名でSNSに綴られていた、春の心。病気への不安と共に記された、姉・夏美と恋人・冬吾への想いはどこか、猜疑に満ちていた。二人を引き離せるなら…わたしは地獄に姉を連れていく――ようやく死の間際の春の真意を知った夏美は、罪悪感に押しつぶされそうになるが…。発売後、即大反響を呼んだ衝撃のラブストーリー、完結!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

英知@マンガ専用

69
やっぱり妹の方がグチャグチャしてましたね;春のことを大事にしていた夏美にとってはこの事実はキツイでしょうね。でも、それでもお互いの気持ちを変えることはできず、夏美は春の呪いを受けて生きていく決意を。どうせ地獄に堕ちるなら、生きてる時くらい幸せみたいよね。この2人のお付き合い本当に楽しそう♪電卓アプリ笑ったwお母さんの夏美への最後の言葉に泣きました。お母さんも罪悪感の中、ずっと2人を見守ってきたんだろうね。全2巻でキレイにまとまっていました。でも、出来るならその後の2人も見てみたいかもです。2016/12/31

まろんぱぱ♪ 

53
どうしてこう人は誰かを好きにならざるを得ないのか。SNSに残された春の真実の想いが切ない。真実を知った夏美の言う「呪い」自分の気持ちに気付きながら、自分の想いが夏美を追い詰めます。冬吾は、自分の夏美への気持ちを押し殺すが、ひょんな事から気持ちに気付かさざるを得なくなる。冬吾の写真を棺に納めることを姉に願った春。生きていけることへの羨望と妬み、愛しているる冬吾への想いが夏美を追い詰める。ドロドロ過ぎで小説だと陳腐になるし、マンガだからこそ想いの錯綜感が痛いくらいに伝わるのか。一応ハッピーエンド?かなあ(笑)2017/01/03

ホシナーたかはし

49
続きが気になったので速攻購入。春の呪い=夏美と冬吾の後ろめたさ?感情がせめぎ合って、もうグチャグチャ(褒め言葉)春が、負の感情持っていても当たり前だよね・・・もう一巻あっても良かったかな。夏美と冬吾の行く道は険しい。それでも幸せであってほしい。2017/01/03

nyaoko@大掃除はやる気が出てから

49
2巻で終わらせたこのまとめ方、構成力は素晴らしいの一言です。そして表紙の2人、ああーいいなぁーとしばらく見つめてしまった。背徳感に苛まれて生きる夏美と、春の思いの深さに苦しむ冬吾。春の呪いを、春の遺した想いを共に背負って生きて行くと決めた2人。ラスト、家を出て行く夏美にかけた義母の言葉に胸がグッとくる。母であるから、女であるからこそかけられるあの一言。番外編はククッと笑えました。この終わらせ方好きですねぇ。2016/12/27

ぐっち

36
意外と大胆な選択!よく考えろと私も言いたいが若い人ってすごい。ちょっと読み足りないくらいできれいに終わってて良かったです。2017/03/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11236548

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす