コミックス単行本<br> C級さらりーまん講座(13)

個数:1
紙書籍版価格 ¥913
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

コミックス単行本
C級さらりーまん講座(13)

  • 著者名:山科けいすけ【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 小学館(2016/03発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784091790309

ファイル: /

内容説明

笑いの幕の内弁当、怒濤の連載18年目! 愛すべきさらりーまんたちの個性あふれる非日常的日常!!
▼第1章/あの頃君はさらりーまん▼第2章/亜麻色の髪のさらりーまん▼第3章/さらりーまんの渚▼第4章/さらりーまんの首飾り▼第5章/さらりーまん・シャトウ▼第6章/いつまでもどこまでもさらりーまん

●主な登場人物/二階堂係長(容姿端麗、仕事は優秀。変わった名前、特徴ある容姿の人と仕事をするのを好む。そしてゲテモノ好き)、兎田係長(髪の毛、胸毛をはじめ体毛全てが濃い男。ちなみに好物は生の牛のレバー、スッポンの生き血、マムシなど)、秋田(マイペースの超小心者。誰もいない屋上が彼のオアシス)、鬼頭課長(他社の新人営業の度胸試しに利用される超強面の男。顔はかなり怖いが、たぶん、きっと、おそらくいい人)、丸山課長(お肌スベスベ、肉プヨプヨの、まるで赤ちゃんがそのまま大きくなったかのような人)、西郷部長(風貌のみで大人物扱いされ、何もしてないのに尊敬を集め、出世してしまう男)、剣崎部長(先入観に対して強引に反発し、美しく生きる誇り高きデブ)
●本巻の特徴/洞ヶ峠を決め込んだり、長いものには巻かれてみたり、寄らば大樹の陰だなんてうそぶいたり…。C級さらりーまん諸氏に、まったく正しい生き方を指南する右顧左眄編!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

koishikawa85

0
久しぶりにこのシリーズを読んだが、あいかわらず面白い。新キャラクターも続々登場。2010/06/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/216365

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。