集英社文庫<br> 吾輩はなめ猫である 自選ユーモアエッセイ3

個数:1
紙書籍版価格 ¥544
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文庫
吾輩はなめ猫である 自選ユーモアエッセイ3

  • 著者名:井上ひさし【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 集英社(2016/03発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「シンダイシャタノム」――必要なのは医者なのか寝台車なのか…。駄洒落・地口・語路合せは日本語の特質、駄洒落愛好家は思いやりのある人? かつて一世を風靡した「なめ猫」が総理府の「青少年健全育成強化月間」のポスターに? 1枚の「ピンクビラ」からも日本語を見事にあやつり説き明かす鬼才が、長年にわたり書き込んだ奇想天外な話の数々。むつかしいことをやさしく、やさしいことをおもしろく。

目次

第一章 風吹けば桶屋が…(辞痴
もの集め
男女平等
理屈
婦人の気配り
家庭裁判所
和文和訳
新作言語
駄洒落
旅舎にて
風吹けば桶屋が…
前途遼遠
自給自足
外来文化
国際理解
珍問愚答
公衆電話
四百四病
死刑宣告
余暇善用
天気予報
榎本健一
有情滑稽
悲憤慷慨)
第二章 コンチキ・バンバン(「浪曲一代」
「とても不幸な朝が来た」
下戸の屁理屈
東方見聞録
脱線余暇論
わが蒸発始末記
コンチキ・バンバン
富士の白雪ゃ朝日でとける
たまぼこの東海道
童謡うたって海道みれば……)
第三章 吾輩はなめ猫である(ピンクビラの文章
ラブホテルのらくがき帳
大学サークルの勧誘文
スポーツ紙の見出し
吾輩はなめ猫である
藤村詩集
雨ニモマケズ
誤植版・文学全集
シェイクスピア
新作落語梗概集
職業別恋文
新税試案
貧窮合戦
別れの言葉)