集英社文庫<br> わが人生の時刻表 自選ユーモアエッセイ1

個数:1
紙書籍版価格 ¥534
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文庫
わが人生の時刻表 自選ユーモアエッセイ1

  • 著者名:井上ひさし【著】
  • 価格 ¥594(本体¥550)
  • 集英社(2016/01発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

現代の戯作者・井上ひさしが30年以上にわたり書きついだエッセイの中から、とりわけユーモアに富む珠玉を取り出し一冊にまとめる。人生の転機になにをしでかしたか? 時代を映す鏡は本当は何処にあるのか? なにげなく使っている日本語の意味は? 文字通り抱腹絶倒体験の中から幾多な「世の中」が見えてくる。エッセイで綴る鬼才の半生。

目次

第一章 パロディ志願(パロディ志願
喜劇による喜劇的自己矯正法
シェイクスピアは海である
芝居の趣向について
ニセモノへの賭け
涙ながらに浅草を語れば
わが言語世界の旅
意味より音を
わたしにとっての戯作
藪原検校
二通の手紙
軽演劇の時間)
第二章 わが人生の時刻表(監獄入りを果すまで
改名は三文の得
原稿遅延常習者の告白
わが人生の時刻表
NHKに下宿したはなし
わがアイデア母さん
私の道元禅師)
第三章 淋しい餓鬼大将(接続詞「ところが」による菊池寛小伝
作曲家ハッター氏のこと
昭和二十二年の井伏さん
魯迅の講義ノート
池波さんの振り仮名
淋しいという基調音
カナシイ夜は「賢治全集」
忘れられない本
風景はなみだにゆすれ
淋しい餓鬼大将
病院渡り者
捨て子)