明智警部の事件簿(3)

個数:1
紙書籍版価格 ¥471
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

明智警部の事件簿(3)

  • ISBN:9784063954920

ファイル: /

内容説明

それは、悲しみと欲望の騙し合い(コン・ゲーム)…。殺害された誘拐犯。現場に放置されていた謎の“鍵”。密接に絡み合う、殺人事件と誘拐事件。たったひとつの美しい嘘が暴かれた時、バラバラに見えたすべてのピースが思いがけない真相を指し示す──!! そして、もうひとりのエリート刑事、黄地公也(おうじ・きみや)の存在が、明智(あけち)と小林(こばやし)の関係にもたらした、思いがけない変化とは!? 傑作警察ミステリー!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

すい

39
子供が関わる犯罪というのは、例え漫画でも嫌なものです。2016/05/17

流之助

22
4巻へ続く??この続きが読みたくなる仕掛けはずるい。明智と小林のイチャイチャ(?)がたまらない。もちろん健全な目線で読んでるつもり。やや真犯人は推測しやすいが、トリックやその裏側の人間模様が良い。小説版も、割りと楽しめた。2017/09/09

ゆう

15
2巻読んでから大分間が空いてしまって、どんなだっけ?ってなったけど思い出した。誘拐事件の解決編と、バイト仲間殺人。いじめって止めるのはかなり勇気がいる。次の標的になりたくないし。2020/01/19

まりもん

14
弟に借りて読了。威嚇していくような黄地との捜査よりも小林君との方が明智警部の捜査のテンポが良い感じがした。2015/10/22

johnta_rou

13
読むの忘れてて慌ててレンタル;事件の関係者でありつつ誘拐されたアイドルの早期発見を望む犯人は誰か。キラキラな明智警部に手玉に取られるキャリアの黄地くん…最後まで振り回されキャラ…。明智警部は相棒(バディ)を求めているんじゃない‼下僕(小林くん)を求めているんだ‼狂言自供に挑む明智警部と小林くん、犯人はいじめっこ?番外編2つ(この橋渡らずべからず、シートの位置)。巻末に小説「優雅な珈琲時間」ギターの修理小話。天樹さん作?2016/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9812249

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数5件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす