角川コミックス・エース<br> バケモノの子(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

角川コミックス・エース
バケモノの子(1)

  • ISBN:9784041033241

ファイル: /

内容説明

ある日、バケモノ界に迷い込んだ人間界の少年は、暴れん坊のバケモノ・熊徹と出会う。その偶然の出会いが、想像を超えた冒険の始まりだった――!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦)

40
困った親だ( ̄~ ̄;)2018/10/01

りっつ

9
映画がとっても良かったのこちらも購入。コミック版もおもしろかった!!映画で見た映像が蘇った。猪王山と熊徹が戦うシーンはコミック版でも迫力ある!!九太だけが熊徹を応援する場面が大好き。2015/09/10

HARUKI

5
映画公開前に内容が気になり文庫本か コミックか悩んだが、アニメの世界観が知りたくてコミックを読んでみた。少年、九太のいつもそばにいるマスコット チコがかわいい。最初の部分しか書かれてないので想像が膨らむが、後の展開は 見えてるね。大人には物足りなさそうです。でも細田監督の映画作品は大きなはずれはないからそれなりにおもしろいんだろうな~。 それと映画の主題歌が ミスチルさんの「StartingOver」びっくりするほど作品とぴったりの音楽ですね。沁みるねえ~。2015/07/08

豚トロ

5
小説を読み終わった後だったので多少イメージと違う場面もあったが、基本的には小説・映画が好きな方にはおススメできる内容。 熊徹が若干はしゃぎすぎ感じな絵はあるが、それ以上に九太が非常に可愛く描かれている。 正直おおかみこどものマンガは画風があまり好きではなかったので書く方が変わってよかったと思う。2015/07/01

ぱんだ

4
映画は観てない。まだやってるのかな?多分映画はすんごく初盤だろう(笑)でも、おもしろくなりそうじゃて2015/08/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9761532

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。