ハヤカワ文庫SF<br> レッド・ライジング 火星の簒奪者

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

ハヤカワ文庫SF
レッド・ライジング 火星の簒奪者

  • ISBN:9784150119942

ファイル: /

内容説明

最下カースト・レッドの人々は、人類の未来のため火星をテラフォームしていると信じ、地下で過酷な労働の日々を送っている。だが この偽りを知ったレッドの少年ダロウは、復讐を誓い、徹底的な肉体改造を受ける。神のような肉体を持つ支配階級ゴールドの一員になりきり、次代の艦隊司令官や惑星総督を選抜するエリート養成校に潜入するのだ。少年の壮絶で凄惨なサバイバルが始まる!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

わたなべよしお

14
 いやはや。何とも面白いねぇ。特に設定が秀逸だ。エンターテイメントとしては最上級の部類だろう。読了直後の感想は、早く続きが読みたいだった。だって、物語はまだ始まったばかりだから。2015/02/26

みろ

13
最下層階級の主人公が世界のからくりを知りレジスタンス組織の一員となって最上層階級に入り込んで世界の仕組みを変えようとする壮大な物語のプロローグ。最上級ゴールド階級の養成学校の教育がなかなかアナログで、ひ弱では生き残れない過激なカリキュラムなのが理にかなっている気がした。2016/06/30

わたなべよしお

13
 この本も尻切れトンボで終わりかなと思っていたら、6月に1年4カ月ぶり続きが出版されるので再読。あまり深みはないエンタメですが、面白いのは面白いですね。2016/05/17

海宇未悠(うみゅみゅ☆)

13
火星版「エンダーのゲーム」の文字に惹かれて購入。あと、SF版「ハリー・ポッター」とも言われていたけれど、そこに「ダークな」と付け加えたい。主人公は、火星で穴を掘る開拓者の少年。愛はあるけれど、安全と清潔と健康と食料と、色々な物が不足している環境で、逞しく生きていた。けれど、権力の前に彼らは無力だ。どうしようもなく打ちのめされた後、彼の運命は突然、思わぬ方向に流れだす。登場人物を覚える間もなく、彼を取り巻く環境は変わっていく。ただ面白いだけではなく、本当に続きが気になる。できる事ならアニメで見たいw2015/03/08

ぎん

12
想像していたよりも遥かに面白かった。 途中までは「ハンガーゲーム」や「ハリーポッター」に似ているのかと思っていたが、そんなことはどうでもよくなるくらい前のめり気味に読み進めてしまった。SFというよりはファンタジーを読んでいるんじゃないかという印象は最後まで変わらなかったが。 三部作とのことなので、忘れないうちに次巻を刊行してほしい。2015/03/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9350154

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。