ハヤカワ文庫SF<br> レッド・ライジング2 黄金の後継者 上

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,078
  • Kinoppy
  • Reader

ハヤカワ文庫SF
レッド・ライジング2 黄金の後継者 上

  • ISBN:9784150120757

ファイル: /

内容説明

同胞を救うため支配階級ゴールドの世界に潜入した最下カースト・レッドの若者ダロウは、火星のエリート養成校で首席になり、次代の艦隊司令官を選抜する士官学校へ進む。だが、最終試験の星間戦で、宿敵ベローナ家のカーナスに勝利を奪われてしまう。負けた者に価値はないと、ダロウは後援者の火星総督ネロに見捨てられ、ベローナに命を狙われるが……。全米ベストセラーとなった、復讐と陰謀の宇宙SF、驚愕の第二弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

わたなべよしお

13
B級感はあるけど、やっぱり面白い。さらに、予断を許さないストーリー展開が魅力でもあるなぁ。2016/06/25

やすお

4
「レッド・ライジング」シリーズの二作目の上巻。三部作の底に流れる大きな目標に向かって戦いを挑む主人公のダロウ。負けが許されないダロウなのだが、最初のある戦いで結構あっさりと敗北してしまう。一作目でカーストの最高レベルまで達したが、二作目の最初で、作者はダロウに試練を与えた。物語は山あり谷ありでないと面白くないので、マイナスからダロウがどのように這い上がるのかが楽しみなところ。上巻では逆襲の狼煙を上げたところくらいまで描かれる。下巻が楽しみだ。2016/08/24

shishi

3
SF,FT,戦争、色々な要素をつまみ食いしつつ本筋の展開は劇的なので、面白い。 ただし、最近またハヤカワが出しているライトSF的要素も強いので、そこも含め好き好きか。 翻訳物ならではの超訳会話(良い意味で)が良い塩梅で出てくるのが個人的には好み。2016/06/27

haruma

2
☆4.5 始めに色属説明と軽い人物紹介がなかったら挫折していたかも。2から読む人はいないと思うが、1を読んでなかったら人物紹介に載ってない、お前誰よという人物が多いはず。 1読了後から少し間が空いた割にはすんなり入り込めた。それどころか、続きが気になって気になって。仕事中もふと考えたり。上巻終わりの方に感動した出来事が起こり、社内でなければ泣き崩れてたかも。やっとか、と。2017/04/20

海宇未悠(うみゅみゅ☆)

1
読み終わった日付はよく覚えていません。 連続で下巻に行ったので。 似たような名前のキャラが出てきたりして、1巻の発売から時間が経ち過ぎたのはマイナスだったなぁ。1巻を少し読み返したけれど、登場人物多いんですよね。いやでも、楽しみに待っていた甲斐はありました。またしても怒涛の展開。誰が見方で誰が敵なのか、って単純な図式では無く、色んな勢力が色んな思想の元にそれぞれ動いてる感じがなぁ。ソワソワハラハラしますわ。てことで、下巻も読み終わったのでそっちも書きます。2016/07/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11048000

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。