ジャンプコミックスDIGITAL<br> カラダ探し 2

個数:1
紙書籍版価格 ¥440
  • Kinoppy
  • Reader

ジャンプコミックスDIGITAL
カラダ探し 2

  • ISBN:9784088803470

ファイル: /

内容説明

【「少年ジャンプ+」人気No.1サバイバルホラー!!】夜の学校で遥のバラバラにされたカラダを探しはじめて3日目。振り返った者を惨殺する「赤い人」との追いかけっこは、「昨日」に戻れば生き返るとはいえ、確実に仲間の絆を蝕んでいく。2日目に翔太に「赤い人」を押し付けられた健司たちは、今度は翔太におとり役を強要し…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

玉響

30
どんどん人間関係が崩れていってますね。このままではできる事もできなくなってしまいます。永遠に続くと思われていたカラダ探しですが、少しずつ分かったことが増えてきましたね。最後に何か重要なヒントを握る先生が登場しましたが、彼は一体何を知っているのでしょうか?2015/10/16

sskitto0504

21
人間関係が壊れつつ、この現象の謎が少しずつ解明されていく…怖いけど気になるなぁ…2016/07/06

yun

16
無料版にて。続きが気になる。なぜ?2017/07/31

sion

16
電子書籍の無料にて。怖いもの見たさで読んでしまった。壊れていく人間関係、何かを知ってる先生、全てが怖かった。2016/04/05

袖崎いたる

10
終わらない日常をイカ(異化あるいは脱自=エクスタシー)するのに有効とされた死という絶対的一回性の限界体験は『バトロワ』に代表され、以降そのモチーフは反復されてる。『デスノ』もその応用。そこでは死の一回性が強調され、逆説的に生の尊さを称揚していた。でも「バカは死ななきゃ治らない」だのという言葉がある。この作品に「どうせ死ぬんなら…」式の免罪符を自分勝手に支給して仲間を犠牲にするヤツがいる。自分にとって唯一の一回の死が否定され、無数に生が支給される可能性に直面した場合に、バカは死んでも治らないのか――見所だ。2016/06/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9507526

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。