文春文庫<br> 月は誰のもの - 髪結い伊三次捕物余話

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
月は誰のもの - 髪結い伊三次捕物余話

  • 著者名:宇江佐真理
  • 価格 ¥611(本体¥556)
  • 文藝春秋(2015/03発売)
  • Kinoppy 電子書籍 全点ポイント25倍 5000円以上でボーナスクーポンGET!(~7/3)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167901998

ファイル: /

内容説明

超人気シリーズが、書き下ろし長編小説に!

髪結いの伊三次と芸者のお文。仲のよい夫婦をめぐる騒動を、江戸の夜空にかかる月が見守っている。大河ロマン的な人情時代小説です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

174
【再読】疲れていたのかなぁ私。大好きなお文になり又、いなみになってじわ~っと沁みた。いつ読んでも新しい気付きがある。十年一日とはいうけれど、大火後の十年。それぞれの十年。私の十年。色々ありました。このシリーズはこの先、何度も読むのだろうなぁ。何度も皆に会える。やっぱり大好きなシリーズだ。2019/12/02

佐々陽太朗(K.Tsubota)

129
「髪結い伊三次捕物余話」シリーズ第11作。これまでの連載でぽっかり空いていた10年間をふり返るかたちで語られる心温まるエピソード。少々書き急ぎ感が目につくが、宇江佐さんは登場人物一人ひとりをいとおしむように語っている。宇江佐さんの心情を思えば文句をつける気にはならない。心温まる物語をありがとうございました。2014/12/24

ぶち

95
シリーズ8巻目の『我、言挙げす』と9巻目『今日を刻む時計』の間、書かれていなかった10年間を綴った文庫描き下ろしです。 すごく心に沁みてくるエピソードばかりです。シリーズの各巻に載せられている宇江佐さんの後書きから察せられる宇江佐さんのこのシリーズにかける想いや覚悟が、それらのエピソードに凝縮されているようにも感じられます。 このシリーズを代表する一冊だと思います。 どのエピソードもじわっーと胸に沁みてきます。2021/12/29

優希

94
髪結い伊三次を読むのはこれが初めてなのですが、番外編とのこと。本編では語られていないエピソードを先に読んだので、分からないところもチラホラ。伊三次の色恋、父と娘の関係などが行き来する時間の中で描かれていきます。悩み、立ち止まったりするけれど、それでも前に進んでいこうとする姿が愛おしく見えました。面白かったので本編も読んでいきたいと思います。2015/11/26

ドナルド@灯れ松明の火

93
揺るぎない宇江佐さんの代表シリーズもの。今作は文庫書き下ろしで過ぎ去った10年に起きた事柄が描かれているが内容も筆致も円熟味が感じられ随所で「宇江佐さんうまいなぁ!」と感嘆してしまう。伊三次とお文が2度も焼きだされた話や、お文の父親に会う話等味わい深かった。お薦め2014/11/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8276551

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。