「椎名誠 旅する文学館」シリーズ<br> さらば国分寺書店のオババ

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

「椎名誠 旅する文学館」シリーズ
さらば国分寺書店のオババ

  • 著者名:椎名誠
  • 価格 ¥555(本体¥514)
  • クリーク・アンド・リバー社(2014/05発売)
  • Kinoppyで本の贈り物を!「電子書籍全点ポイント25倍フェア」(~12/11)
  • ポイント 125pt (決済方法によって付与されるポイントは異なります)

ファイル: /

内容説明

椎名誠が衝撃的なデビューを飾ったスーパーエッセイ。ここから作家椎名誠の伝説が始まった。客を叱りつける古書店のオババとの確執を軸に鉄道業界、警察、甲子園への疑問や怒りをぶつける。その文体と流れ、構成などそれまでのエッセイの常識を破壊した作品が電子書籍になって登場。
本作用に表紙イラストを椎名誠が描き下ろし。巻末には、「対談 椎名誠×目黒考二」「電子書籍版あとがき」「椎名誠の人生年表」を掲載。

<目次>
1 国鉄はいま わしらの眼をまともに見ることができるか
2 日本の“本官”たちはいったい何を話しておるのか
3 死ね! そこいら中の制服関係の皆様
4 うに寿司のジャーナリズム的摂取方法
5 夕陽にむかい背を丸め痛恨のチーズケーキ九六〇円の春
文庫版のためのあとがき
対談 椎名誠×目黒考二
電子書籍版あとがき
椎名誠の人生年表

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数30件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす