週刊ダイヤモンド 特集BOOKS<br> シェールが起こす3つの革命 - (週刊ダイヤモンド特集BOOKS Vol.13)

個数:1
  • Kinoppy
  • Reader

週刊ダイヤモンド 特集BOOKS
シェールが起こす3つの革命 - (週刊ダイヤモンド特集BOOKS Vol.13)


ファイル: /

内容説明

今年に入り、
急にメディアに取り上げられることが多くなった「シェールガス」。

これまで人の手の届かなかった地層から、
大量の天然ガスが採掘できるようになったことから、
そのインパクトは「革命」とも称されている。
特に米国では、
各地でシェールガスやオイルの埋蔵が確認されており、
新たな金脈を求めて人が群がる“ゴールドラッシュ”の様相を呈している

だが、本当の「革命」は、
そうした表層的なブームに留まらない。

『シェール革命』の本質は、
特に米国が天然ガスという強力な武器を手にしたことで、
エネルギーをめぐる世界の地政学の構図が、
あっという間に変わったことにある。

ロシアは日本や中国へのアプローチを強め、
中東諸国も戦略の転換を余儀なくされる。
需要国の中国は自国内資源の開発に邁進し、
そのほか、豪州やアジアの資源国にも様々な影響が出始めている。

こうした世界規模の変化のなかで、
日本はどう世界と渡り合っていくのか。

特に、天然ガスの輸入は、
原発が止まるなかで、値上げが続出する電気料金の問題にも直結している。
シェールガスさえ手に入れば、電気料金も安くなるのか、
他にどういった手立てがあるのか。

本書は、シェールガスの入門書にもなるとともに、
目下世界で日々動いている各国の思惑や戦略、
日本国内の最前線の動きをレポートしている。

おもな項目
【第一の革命「世界の勢力図が一変」】
●必死のロシア、焦る中東・豪州……
 シェール革命で世界はこう変わる!
●シェール革命って何がすごいの? 日本は恩恵を受けられるの……?
 シェール革命のウソとホント

【第二の革命「震源地米国の“独り勝ち”」】
●アメリカンドリームの再来!
 シェールが人生を変えた!
●開発ラッシュで人手が足りない!

【第三の革命「日本に忍び寄る変革」】
●シェールガスで料金値上げに歯止めはかかるか?
●韓国の構想とは?
●夢のLNGプロジェクトに暗雲!?

本書は『週刊ダイヤモンド』(2013年4月13日号)の第2特集を
電子化したものです。
雑誌のほかのコンテンツは含まれず、
特集だけを電子化したため、お求めやすい価格となっています。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数37件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす