ガガガ文庫<br> 黄昏世界の絶対逃走2(イラスト簡略版)

個数:1
紙書籍版価格 ¥628
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ガガガ文庫
黄昏世界の絶対逃走2(イラスト簡略版)

  • 著者名:本岡冬成【著】/ゆーげん【イラスト】
  • 価格 ¥330(本体¥300)
  • 小学館(2015/10発売)
  • あじさいの季節!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~6/7)
  • ポイント 75pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

ヒトが黄昏を生み、黄昏がヒトを殺すのだ。

妹のアオイのため。
妹を一番に想う自分のため――。

全天を覆う茜色の空――《黄昏》。それはヒトの弱い心に入り込み、支配し、死に至らしめる病の元凶。そんな《黄昏》を体内で浄化し《黄昏のない世界》を生みだしているのが《黄昏の君》と呼ばれる少女たち。《黄昏のない世界》を囲む城壁の外周には、自然と人々が集まり、《境界都市》と呼ばれるスラム街を形成していた。

幼くして両親を亡くし《境界都市》に妹とふたりで暮らす青年・シズマは、妹を養うため、危険を伴う「黄昏病により死んだ患者の回収業」で日銭を稼いでいた。目標は、妹を学校に通わせることと、《黄昏のない世界》である第十三都市に移住させること。ある日、いつものように《黄昏のない世界》の研究所へ「荷物」を届けたシズマは、妹にそっくりな顔をした少女に出会う。《黄昏世界》に興味津々の闊達な少女・トワは、シズマの車に乗りついてきてしまうのだが……。

『ひぐらしのなく頃に』『うみねこのなく頃に』など、数々のメディアでヒット作を世に送り出している竜騎士07氏がゲスト審査員を務めた「第4回小学館ライトノベル大賞」にて、優秀賞を受賞した新人・本岡冬成の最新作!

※※この作品は廉価版です。廉価版にはイラストが入りません。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす