• ポイントキャンペーン

曖昧力―日本人が育んできた“生きる知恵”

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784054036833
  • NDC分類 159

内容説明

成り行き任せに見えたのはじつはより高度の戦略性…。人生を拓く「曖昧力」。

目次

プロローグ 曖昧力は世界に誇れる“日本人力”
1 混迷の時代を生き延びる力は、権力でも財力でもなく「曖昧力」
2 「曖昧力」を誇りにしてこそ、日本人は光り輝いて生きられる
3 お堅い「理論」より、変幻自在の「曖昧力」が人生を拓く
4 天下無敵の「曖昧力」を手に入れるためには
5 「いい加減」で「よい加減」が「曖昧力」の極意
エピローグ 混沌とした中から新たな秩序を生み、発展・繁栄させることは、私たちのお家芸

著者紹介

多湖輝[タゴアキラ]
1926年生まれ。東京大学文学部哲学科(心理学専攻)卒業。現在、千葉大学名誉教授。多湖輝研究所代表取締役。東京未来大学学長、東京都「心の東京革命」推進協議会(青少年育成委員会)会長等。心理学研究のかたわら、数々のベストセラーを生み出してきた。テレビ・ラジオなどマスコミでの活躍も多く、その鋭い心理分析は、経営者や管理職にも定評がある。著書も教育、創造性開発など幅広い分野にわたり、とくに最近は中高年の生き方をテーマにしたものが、多くの人の共感を呼んでいる。2006年瑞宝中綬章を受章、2007年「名誉都民」を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)