ガガガ文庫<br> 憂鬱なヴィランズ2

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

ガガガ文庫
憂鬱なヴィランズ2

  • ISBN:9784094513851

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

次々と現れる敵の読み手たち。激戦始まる。

「所有した人間に悪役(ヴィランズ)の能力を貸し与える絵本“ワーストエンド・シリーズ”。
 親友の失踪事件をきっかけに『赤ずきん』の読み手となった兼亮は、蒼い目の少女・月夜たちと共に町に散らばった絵本の回収にあたることに――。ある日のテスト中、クラスメイトの緘獅子きいろが卵を産む姿を目撃した兼亮は、彼女をワーストエンドの読み手と判断し追い詰める。しかしそれは仕組まれた罠だった。次々と現れる悪役の力を持った読み手たちの猛攻に、最大の戦力である一郎は負傷、月夜を敵にさらわれてしまう。最悪の事態に為す術のない兼亮と千鳥は、もう一人の仲間『かちかち山』の読み手と接触を試みるが……。

異色学園異能力バトルシリーズ二冊目!!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

25
新キャラ大量登場の第二巻。そして今回の主役は千鳥。相変わらず重たさはあるもののおしりツンツンやメイド服といったバカな要素もあるので良い具合に中和されてる感じがします。異能バトルも戦闘向きでなくとも発想次第で戦えるようになったりと面白い。主人公の能力が今のところ最弱だけどコピー能力って後々チート級になるね。メインヒロインは千鳥な気もしてきましたが物語の黒幕、絵本の秘密が徐々に明かされてきたので次巻も楽しみです。2014/08/28

ツバサ

16
新キャラが多数登場してきてどうなるかと思ったけど1巻同様に面白かった。絵本を配ってる先生という存在だったり、月夜の正体だったりとこれからどう明かされるのか気になる。あと千鳥の10歳の姿でも中々……。ロリコンじゃないよ!2016/09/09

マサキ@灯れ松明の火

10
ワーストエンド・シリーズ争奪戦が本格的に始まりましたね☆今回は、千鳥さん大活躍です。読み手もワラワラ増えて来ました(笑)伊吹くん…アホですか…自分の読み手としての能力…敵に自ら話してしまう!?危なっかしいですね〜★兼亮くん…アナタは、どうして読み手してるのでしょうね(苦笑)ロリコンのオオカミさんが…何故かモテている!?何故……(?_?)2014/01/23

アウル

8
生駒千鳥の過去と新しい悪役との対決がメインの話。前巻よりも読みやすくなっている感じがした。主人公の能力は他の読み手を知れば知るほど強力になり使い勝手も格段に良くなっていくな。2013/07/18

シャル

8
別系統からのヴィランズ所持者とのバトルとなった2巻。既存組や新キャラも含めて、それぞれの能力の由来の解釈が面白く、その本の悪役に魅入られることになった理由は重い。今回は『白雪姫』千鳥に重点を置かれているが、それぞれの弱さは誰しも抱えているもので、まだ深く掘り下げられてはいない他の本の所有者からもそんな断片は見え隠れする。話的には黒幕の存在や『絵本』の誕生の秘密も少しずつ明らかになりつつあり、とりあえず軌道に乗った感じかな。2012/12/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5632296

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。