角川コミックス・エース<br> 異能バトルは日常系のなかで(2)

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

角川コミックス・エース
異能バトルは日常系のなかで(2)

  • ISBN:9784041021200

ファイル: /

内容説明

部活動中に突然、世界を揺るがす異能の力を得たものの、能力の無駄使いに日々を過ごす文芸部一同。念願のラブコメ展開に突入? 生徒会長、幼なじみ、隠れ中二病少女とのドキドキ展開!?にどうする安藤寿来!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

レリナ

6
原作の内容を少し削ってだが、忠実に再現しているコミカライズ。絵も安定していて、とても読みやすい。次回は千冬ちゃん回とのことなので、楽しみ。主人公のノリが相変わらず面白い。アニメ化もされるので、本編の補完にこれからマンガを利用することができるから便利。早く次巻が出て欲しい。主人公を含め、これからの展開が気になるので、この調子で描いてほしい。次巻が待ち遠しい。2014/09/30

杉浦印字

2
ああ面白いなあ。1巻より心が削られる場面が少ない分、よりしっかりした演出と安藤のいい奴っぷりが楽しめる。見開き「わかんない」はいいツッコミなのと別に溜め込んだものを思いきり吐き出すいいシーンだった。2014/10/03

王蠱

2
工藤さんの惚気から始まる今回は原作2巻、「厨二」に悩み続けた鳩子がメイン。理解したいけれど分からない、分からないと諦められることも辛い。積もり積もって遂に爆発する彼女の想い、あの全身に傷が走るような痛みと切なさをこちらがいっそ怯んでしまいそうになるほどの筆力で描き上げてくれたことにはもう感謝しかない。相模もこの頃はまだ「最低な奴」くらいの認識だったんだよなぁと彼の過去と本質を知った今となっては可愛げがあるやら恐ろしいやら・・・安藤の彼への「友達」という言葉に空々しい感じがしないのがちょっとだけ残念かな2014/09/24

Ume

1
鳩子ちゃんかわいい2021/09/15

氷化

1
よかった。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8224985

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。