ひと目でわかる「戦前日本」の真実 - 1936ー1945

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,620
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ひと目でわかる「戦前日本」の真実 - 1936ー1945

  • 著者名:水間政憲
  • 価格 ¥1,199(本体¥1,111)
  • PHP研究所(2014/01発売)
  • Kinoppy年末大感謝祭 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~12/17)
  • ポイント 330pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

戦後のGHQ占領下以降の歴史教育のためか、多くの日本人は「戦前の昭和時代は軍部が突出し、言論の自由が制限された暗黒時代だった」と思っている。食糧難で、文化も娯楽もなく、国民は暗澹たる毎日だった――という歴史観だが、それはあまりにも極端な歴史の見方ではないか。昭和4年に世界恐慌があったが、日本の工業生産高は増え、都市が発展し、大学がどんどん誕生。昭和14年まで日本国民1人当たりのGNPは増加しつづけた。昭和15年の東京オリンピックの開催決定は、軍事力で勝ち取ったわけではなく、スポーツ競技も発達した近代的な国家と認知されていたからである。「閉塞感に覆われたのは、終戦の1年半前くらいだった」と戦前を知る文化人の証言も少なくない。米国との戦争になるまでは、さほど切迫感もなく、和やかな日常は現在と変わらなかったことを、本書に収録した二百数十枚の写真は物語る。「戦前暗黒史観」を覆すビジュアル解説本。

目次

昭和十一年春場所:西横綱・武蔵の土俵入り<br/>アメリカの映画とレビューが人気を博していた<br/>日本も映画とレビューは黄金時代を迎えていた<br/>現在に至る科学の基礎は昭和十年頃に確立していた<br/>二・二六事件勃発と処罰<br/>二月二十七日、「戒厳令」が布告され東京の交通は混乱を極めた<br/>政治の分水嶺になった二・二六事件<br/>躍進する大阪<br/>スターを夢見る少女たち<br/>天才子役テンプルちゃんと日本の子供たち〔ほか〕