ハーレクイン・ロマンス<br> シンデレラの真珠の涙

個数:1
紙書籍版価格 ¥722
  • Kinoppy
  • Reader

ハーレクイン・ロマンス
シンデレラの真珠の涙

  • ISBN:9784596129055
  • NDC分類:933

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

まさか私があのアレックス・ウルフを受け持つなんて。名家ウルフ家出身で世界的な大富豪の彼が事故で肩に重傷を負い、腕が立つと評判の理学療法士、リビーに白羽の矢が立った。実際に会ってみると、彼はいかにも横柄な態度で、4週間で完治させてくれ、と無茶な圧力をかけてきた。さらに困ったことに、彼は噂以上にセクシーで男らしく、鉄の意志を誇るリビーですら男性として意識せずにはいられない。一方のアレックスも、美しいリビーに心動かされていた。だがいざという段になると、彼女に拒まれて途方に暮れる。愛し合えない理由――それはリビーの抱える体の秘密にあった。■リビーが頑なにアレックスを拒む訳とは? 秘めた悲しみを隠すかのように凛としたヒロインは、ウルフ家の御曹子の圧倒的な魅力に屈せずにいられるのでしょうか。〈ウルフたちの肖像〉第4話を、ディザイアでも人気の実力派R・グレイディがセクシーに描きます。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

akiyuki_1717

1
重いストーリーのシリーズなのに、更に重みを掛けてきた4話目でした。悪くなかったんだけど、ヒロインが抱える悩みを知った途端に積極的になるヒーローが理解できなかった。あの時点ではまだ欲求の方が強かったはずで、行動の動機としては同情が先立ってたようで、褒められた行動ではなかったような…まぁヒロインが受け入れた時点でオッケーだったのかもしれないけど。20年も姿を消してた長兄をすんなり許せたヒーローだけど、自分の過ちは認められなくて、妹にもヒロインにも無駄に傷つけるという矛盾した思考の持ち主で、ちょっと難解でした。2014/11/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7442096

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。