秋田レディースコミックスセレクション<br> あの山越えて 〈23〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥733
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

秋田レディースコミックスセレクション
あの山越えて 〈23〉

  • 著者名:夢路行【著】
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 秋田書店(2013/10発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784253121149
  • NDC分類:726.1

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

まりなの生んだ双子、稔とみのり。豊かな自然と、のどかな大人たちに囲まれてすくすく育っているところ。そんな中、まりなに思いを寄せる青年が現れて…!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

まりもん

11
友人に借りて読了。まりなの双子の赤ちゃんが可愛くて皆メロメロになっているのが楽しかった。みつるちゃんの言うとおり双子の父親に赤ちゃんのことを知らせてあげるかどうかが今後の展開に影響あるのかな?福祉課の彼の積極性はまりなちゃんにとってプラスになるのか?気になる。2014/05/01

ななみ

1
双子がぐんぐん大きくなって驚いたけど、考えてみれば月刊連載なわけなので、ほぼリアルタイムでもこんな感じで成長するのだった。それにしても出会いあり別れあり、変わらない主人公夫婦のまわりで時はどんどん流れていくなあ。某サッカー選手も再登場するのだろうか。2014/01/12

tamanya7

1
もう23巻か!特に事件があるわけでもなく、淡々と日々が描かれているけれど、飽きさせないところが凄い。ひいじいと双子ちゃんのお話がなごむ。2013/11/10

sa-ki

1
双子とひいじいにほっこり。2013/10/27

エルプレーン

1
友人KKから毎巻借りてる本。ずーと読んでるので、面白いとか面白くないとかじゃなくて遠い親戚の消息を知るような感じ。2013/10/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7338740

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数36件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす