零崎双識の人間試験(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥628
  • Kinoppy
  • Reader

零崎双識の人間試験(1)

  • ISBN:9784063107951

ファイル: /

内容説明

西尾維新の人気小説、完全漫画化! 自分と向き合うことから逃げてきた高校生・無桐伊織(むとう・いおり)。「ゼロザキイチゾクの者だな」――ある日、謎の問いかけから級友に襲われた彼女は、抗えない衝動で級友を刺殺してしまう。そこに現れたのは、大鋏を操る長身痩躯の男・零崎双識(ぜろざき・そうしき)。とまどう伊織に手をさしのべ、双識はこう言った。「私の妹にならないかい?」……へ、変態ッ!? 悪と愛の青春活劇、ここに開幕!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

exsoy

28
シリアルキラーが徒党を組んで…ぶるる2013/04/07

月子

25
原作を知らないので、どんどん人が死んで物騒な話でびっくりしましたが、先がどうなっていくのか気になります◎絵も個性的で面白い。2015/06/03

PSV

25
人が死ぬ物語には「悪」人しか登場しないし またすべきではない どこまで突き詰めたところで人の死にあるのはーー  「悪」だけだということさ  ★★★☆☆  あんま絵はうまくないけど、迫力はある。コマ割に魅力は感じる。あと、伊織可愛いよ伊織。2012/07/19

きら

7
漫画読み終わった時の感想が、「零崎を文字で読み返したい」だった。久々に西尾維新の世界に踏み込んだけどやっぱり楽しいね。文庫化も始まったし、零崎を読み始めるか。2012/01/06

金澤遥

7
『人間試験』の漫画版。とりあえず小説とは微妙に違う展開なので(無桐家の皆さん奥の部屋で死体になって山積みだったのに伊織の前で首チョンパになってたり)何より『人間試験』の合格不合格者が変わるわけだからちょっとだけ結末も変わるのかな…って期待と、一番の期待は双識お兄ちゃんの『潤さんの陰』に怯える叫びだよね。見開きでやって欲しいな…。まぁ首チョンパも手首チョンパも何でもアリな『少年ジャンプじゃ連載出来ないよね』なお話。仕事だから殺すとか殺さないとか理由とか動機とか関係なく殺人が生き様だ、存在理由だ。零崎一賊長兄2011/12/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4507371

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数5件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす