富士見ファンタジア文庫<br> 神さまのいない日曜日V

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

富士見ファンタジア文庫
神さまのいない日曜日V

  • ISBN:9784829136492

ファイル: /

内容説明

「3年4組を救ってくれ」。世界塔を共に脱出した少年、アリスにそう請われたアイ。アリスと共に向かったのは15年前、神さまがいなくなる前に“時が繰り返す”街だった。アイはそこでアリスの真の目的を知り!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yobata

27
アリスに頼まれ辿り着いたのはアリスの故郷オスティア。そこは延々と14年前の一年を繰り返す封印都市だった。そこに囚われている三年四組を解放してほしいとこの世界を破壊を望むアリスに、アイはこのループには一人の死が関係してるという鍵を握り…。三年四組って前の学校とは違うのかwアリスとディーが囚われてる街でついに世界を救うと息巻いてたアイは挫折する。世界を救うということはその人の世界を,望みを叶えることとしそれに忠実であろうとしたアイだったけど、アリスが望む破壊を主観で拒み生かしてしまい自身の道を自身で閉ざして→2014/10/20

ミモザ

18
★8 タイムループする町からアリスたちを脱出させる話。この世界観が好き。あと、敵キャラのディーが実はいい子だったのもミモザ的にポイント高いよ。 アイは自分がアリスに惹かれている自覚なしだったけど、そんなウブなところもグッド!そして、その恋心のせいで、最後の最後でアリスを『救わなかった』のかな。救われたハンプニーを裏切り、救ったアイ自身を否定する致命的ミスだったのに。ほんと哀れだな。 これからアイがどうするのか、楽しみ。2013/08/08

た〜

17
アイにとっての転機の巻、といったところかな2016/01/24

リプトン

16
アリスやディーの根源である3年4組の話で、3巻からの流れはこのためにあったといえる話でした。アイ、アリス、ディーそれぞれの想い―、そして秘密、文句なしに面白かったです。アイは真実にたどり着き、そして、選んでしまう…。世界を救う夢を持ち頑張ってきたアイが世界に救われるというどこかままならない切ないラストでしたが、この選択がアイにどう影響していくか続きが気になるひきでした。2013/07/30

ころん

12
3巻から続いていたアリスとディーの物語が完結。ここにきて遂に色恋沙汰が解禁!ということで、いつもとは違った面白さがありました。このシリーズらしい、なんとも切ない仕上がりで大満足。最後の、アイとアリス、ディーがそれぞれの気持ちをぶつけあうシーンが凄く良かった。てっきりアリスは消えてしまうのだと思ったけど、次巻以降も出番がありそうで個人的に嬉しかったり。でも、この矛盾がアイにどんな影響を与えることになるのやら…2011/06/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3282593

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。