メディアワークス文庫<br> ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader

メディアワークス文庫
ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~

  • 著者名:三上延【著者】
  • 価格 ¥649(本体¥590)
  • KADOKAWA(2014/11発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784048704694

ファイル: /

内容説明

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋 「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない、若くきれいな女性だ。だが、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大抵ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも。彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは栞子と奇妙な客人が織りなす、“古書と秘密”の物語である。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海猫

2296
いまさら、というかようやくというか読んだ。一つ一つのエピソードが面白いし緩く繋がって長編のようにも読める仕立てが上手い。それ以上に雰囲気の醸しだし方が秀逸で読んでいる間古本屋に浸っているかのよう。あと栞子さんのキャラが読書好きにとっては反則級の立ちっぷり。無口だけど本の話になると饒舌になる、なんて萌えざるをえないじゃないの。2013/03/18

扉のこちら側

2123
初読。同じく古書店が舞台の三浦しをん著の月魚を思い出した。書店も楽しかったけど、古書店にも勤めてみたい。2011/11/21

mitei

2120
著者がかなりの読書家だというのが随所に現れていて自分もこんな店開きたいなぁと思う。それにしてもラノベで本を紹介するというのが新鮮だった。そしていろんな本に纏わる話から一つの事件につながってくるのも良かった。続編もすぐに読みたい。2012/01/19

Tetchy

2108
この度シリーズ完結を迎えた本シリーズを今更ながら手に取った。ラノベという先入観で手に取らなかった自分を恥じ入る次第だ。作者自身が恐らく古書、もしくは書物に目がないことは行間から容易に察することができるが、作者は話を重ねるにつれて読者を徐々にディープな古書の世界へと誘っていることが判ってくる。このシリーズがたくさんの人々に古書の世界への門戸を開くためにバランスよく味付けされた良質なミステリであることが今回よく解った。次作も手に取ろうと思う。栞子さん目当てでなく、あくまで良質なビブリオミステリとして、だが。2017/06/03

どんちん

2000
大ヒット作品に手をつけてみたw Qシリーズの読メの感想にたまに比較として本シリーズがでていたが、ちょっと比較対象にはならないなぁ。あえて言うなら、広い範囲のウンチクと本に関するウンチクのウンチクつながり?という感じかな。それはさておき、多少ご都合主義はあるけど、ラノベなので気にせず、マンガチックな展開もまたそれもよしという感じで楽しめる一冊だった。ちょっとお涙頂戴を意識したような感じであったが、論理学入門がよかったな。この先、本に絡んだ人間物語がどう展開されて、五浦・篠川ペアがどう進展するか楽しみだ。2014/11/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2985427

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。