文春文庫<br> カイシャデイズ

個数:1
紙書籍版価格
¥770
  • 電子書籍
  • Reader

文春文庫
カイシャデイズ

  • 著者名:山本幸久
  • 価格 ¥722(本体¥657)
  • 文藝春秋(2016/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167801243
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

コワモテだが人望厚い熱血営業チーフ、作業服を誰よりも着こなす施工監理部員、無断欠勤するボンボン新入社員、“いつもおひとり様”な庶務女史…内装会社ココスペースは、小さくてもある意味豊富な人材が勢揃い。使う予定のないオブジェの「トチの木」を勝手に買って倉庫スペースを潰す掟やぶりの天才肌デザイナーなど、その最たるものだ。そんなむちゃをやらかしても、誰もが“いい仕事をしよう”と真剣にもがいている。そんな愛すべき社員の日常を描く連作短篇集!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おしゃべりメガネ

201
やっぱり山本さん作品は面白すぎです。今回の舞台(職場)は内装会社ですが、まぁ、相変わらず個性豊かなキャラを次から次へと送り出してくる山本さんワールドに完全に魅了されます。特に今作のある意味主人公ともいえる「高柳チーフ」が抜群で、偉ぶらず、職人気質で不器用ながら周囲の面倒をしっかりみてしまう、そんな親分肌の上司にひきこまれてしまいます。各々が職種、立場が違えども‘仕事’に信念やポリシー、プライドを持って取り組んでいけるってスゴく大切なコトだと改めて認識させてくれます。仕事って明るく&楽しくしたいですよね。2014/12/19

昂 ふたたび

115
「仕事、楽しいですか」ドッキとしました。そんな事、考えたことなかった。仕事は一人では出来ない。周りの人たちに支えられ成り立つもの。この会社はいいなぁと。巨瀬社長、研修なんか行かなくとも、十分カリスマ社長です。良い会社造りました。2015/08/30

chimako

112
途中で既読と気づくも何と心弾む読書だったことか。うれしい!たのしい!大好き!ってドリカムの歌の題名みたいな幸せな時間だった。お約束のリンクも。「黒川やってるねぇ」とほくそ笑む。書き下ろし「シューカツデイズ」に登場する鴻上さんがスタジオジブリの鈴木敏夫さんに脳内変換。万里子ちゃんの健闘を祈りながら本を置く。それにしても仕事ってやっぱりいい。年度末に退職しなければならない身としてはココスペースの社員がうらやましい。現場のアルバイトは随時募集中でしたよね。高柳さん、おばちゃんですがヤル気はあります。ダメですか?2016/09/25

アメフトファン

98
凄く好きです!この本とココスペース!!日本に何万社あるかわからないぐらいありふれた内装会社ですが、温かみがありこんな会社でワイワイガヤガヤ働きたいなと心の底から思いました。特に高柳チーフの人情味溢れる仕事ぶりにはじんわり。会社って本来ココスペースのように厳しくも温かい場所なんだなと改めて思いました。2014年8月一押しです!続編出して下さい!2014/08/25

財布にジャック

97
山本さんってミスドが好きなのかしら?私も大好きです。そして一番好きなココナッツチョコレートの登場に、ニヤッとしちゃいました。いやいやドーナツ屋さんの話じゃないんですけど、内装会社が舞台で、またまたいい人だらけで、小さな幸せがいっぱい詰まった素敵なストーリーでした。山本パワーをお裾分けして貰うと、「さぁ~働くぞ~!」という意欲が湧いてきて、元気が出ます。2012/01/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2898082
  • ご注意事項