文春文庫<br> 時が滲む朝

個数:1
紙書籍版価格 ¥594
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
時が滲む朝

  • 著者名:楊逸
  • 価格 ¥468(本体¥426)
  • 文藝春秋(2016/05発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167786021
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

中国の小さな村に生まれた梁浩遠(リャン・ハウユェン)と謝志強(シェー・ツェーチャン)。大きな志を抱いて大学に進学した2人を、1989年の天安門事件が待ち受ける──。“我愛中国”を合言葉に中国を民主化しようと努力する貧しい学生たちの苦悩と挫折、そしてその後の人生。北京五輪前夜までの等身大の中国人を描ききった瑞々しい傑作。日本語を母語としない作家として、初めて芥川賞を受賞した楊逸(ヤン・イー)の代表作!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaizen@名古屋de朝活読書会

130
芥川賞】楊逸(ヤンイー)。中国の学生運動で大学を退学し、日本へ。中国の民主化の一端を垣間見る。英語が出てきたり、漢詩がでてきたり。言葉の宝箱。中国語版も眺めてみたい。2014/05/06

菜穂子

60
理想を求めたひたむきな学生達が集まった天安門。中国政府によって閉ざされてしまった前途有望な将来ある学生達の未来。先導しながらも保身に走った人、その後も要領よく立ち回った人。浩遠と志強の純粋で不器用な生き方があまりに切なく、時代に翻弄された若者が必死て生きようとする様を、それほど遠くない国で起こったことを私たちにこの本は教えてくれた。2019/05/06

sakai

37
中国の学生運動とはこういうものなのか、と自分が 歴史について何も知らないということを浮き彫りにされた。日本の学生運動が描かれた作品と通ずるものも感じ、自分は体験してないながらも読みながらどこかノスタルジックな気持ちになった。厳しい境遇ではあるが、全体的に前向きな印象。あらすじの印象からはもっと重くのしかかってくる作品かと思ったが読後は案外晴れやか。「時が滲む朝」というタイトルも好み。2018/12/11

あおでん@やさどく管理人

36
大学時代のサークルの後輩からのおすすめ本。自分とその周りの人の暮らしを考えるので精一杯の人には、政府も、民主化運動に熱狂する人たちも遠い存在に見えてしまうのだろう。中国の民主化のため情熱を燃やす浩遠を主人公に据えつつも、国籍はあまり意識することなく、フラットに描き切っている。2018/07/13

Fondsaule

24
★★★★☆ 中国の2人の若者、粱浩遠と謝志強。民主化運動、天安門事件で大きく人生を変えてしまう。真っ直ぐすぎる人ほど影響は顕著だ。「ワンちゃん」も読んでみようかな。2020/03/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2433443

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。