講談社文庫<br> 新世界より(下)

個数:1
紙書籍版価格 ¥990
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

講談社文庫
新世界より(下)

  • 著者名:貴志祐介【著】
  • 価格 ¥990(本体¥900)
  • 講談社(2015/03発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 270pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062768559

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

夏祭りの夜に起きた大殺戮。悲鳴と嗚咽に包まれた町を後にして、選ばれし者は目的の地へと急ぐ。それが何よりも残酷であろうとも、真実に近付くために。流血で塗り固められた大地の上でもなお、人類は生き抜かなければならない。構想30年、想像力の限りを尽くして描かれた五感と魂を揺さぶる記念碑的大傑作! PLAYBOYミステリー大賞2008年 第1位、ベストSF2008(国内篇) (講談社文庫)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

sk4

372
子供の頃につくば山の麓で知った、呪力を持つ者と持たぬ者、そして呪力を持つ者同士の、血で血を洗う暗黒歴史。それがまた再び幕を開ける。 人間である以上1000年経っても何一つ進歩しない。これほど血を流しても、結局は歴史上の事件の一つとしてアーカイブにファイルを増やすだけの。  あの時、愛を信じて業魔によって地球ごと割れた方がマシだったのではないか?と思わせるほどの悲しくて虚しい結末。 貴志祐介氏の強大な想像力によって作られた、神栖66町に至るこの壮大な世界は、この『新世界より』では閉じなかったといえる。2012/11/06

takaC

365
最終章最終節の猿の惑星的衝撃は予想外だった。一番あやふやなのは、千年後に日本列島があるのかということ。2011/04/17

absinthe

321
遂に完結!面白かった。世界も良いしその他のアイデアも良かったしオチも良かった。化けネズミについてはうすうす気づいていたが。難を言うと下巻の後半、やや駆け足気味だった。もう少し余韻を持たせた終わり方でもよかったのでは。2017/04/12

いおむ

313
面白かった!人間に対するいろいろな問題提起を投げかけられる作品でもあり、読みごたえ十分!「家路」の歌詞が胸にしみる(>_<)2017/09/17

マーム

267
バケネズミと神栖66町住民との戦争が勃発。その先頭に立つのが悪鬼という最悪の事態。早季たちは荒廃した東京の地下洞窟で町の存亡を賭けた決戦を挑みます。最後に明かされる衝撃の事実により、この物語の構図がガラリと変わったように感じるのは、ミステリ作家でもある著者の力量かと感銘を受けました。千年後の世界、攻撃抑制と愧死機構の二つを重い枷とすることにより呪力を使えるようになっても、それは人の革新たり得ず、人が生まれながらに有する業はずっと纏わり付き、それが条件が整うと悪鬼という形で発現するということなのでしょうか。2012/07/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1972099

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす